2016年8月号 no.142 2/3

古詩

     紅酒黑啤歌             上海(埼玉県)陳 興

  七月十六日新宿與日本詩友秋山忠彌早川太基水出和明石倉秀樹小畑節朗諸位先生飲酒

  說及紫禁城,寒日霧霾多。滬上住三年,猶思渡黃河。
  入座書互贈,所論漢詩歌。上野不忍池,聞道遍開荷。
  憶吾國孩童,初誦鵝鵝鵝。白駒一過隙,壯志隱青螺。
  江湖泛舟去,垂釣但披蓑。平安迷樂天,江戶知東坡。
  何況有太白,詩名傳嵯峨。乾杯君紅酒,黑啤算酒麼。


     寄大阪会于大阪    千葉県 今田莵庵

  四十余年前,我勤務于大阪。当時之青年男女行員相呼招我。即六月二四日西下站頭飯店一泊,翌二五日参大阪会催于Lawry's The Prime Ribs, Osaka 回顧往歳茫茫如夢。

  四十余年如夢流,廿人男女集忘愁。曾勤同樓堀川傍,今逢大阪新站頭。
  往歳迢迢回首望,全員朝朝酣合唱。無窓陋室信雄飛,和声遙見七洋浪。
  時時共行洛北渓,又歩山辺奈良蹊。顔裏浮来当時相,眼前虚実卒然迷。
  在京旧友時相集,仄聞西在難結輯。四者今朝下阪奔,幾多餐器嵐気入。
  站頭激変不留情,林立巨樓偏商争。美国精牛味雖郁,最大美味在久盟。

     東京上野国立西洋美術館得世界文化遺産栄誉
   是依廿世紀屈指法国建築家勒•柯布西耶Le Corbusier設計
               千葉県 今田莵庵

  六雄遺産在燕京,億人年年尋此城。扶桑欲伸旅遊客,東京未持遺産栄。
  UNESCO近重評, 柯布西耶建築萌。国立西洋美術館,群作一如指定呈。
  松方絵画此樓蔵,曾蒐欧州造船王。法国戦後際返還,建設専館展示望。
  政府請願設計労,柯氏容是嘉想漲。門口列柱支納堂,瑠璃障壁視界茫。
  館内通路辿螺状,視線時時回裏装。登来上層賞心曠,人工光加自然光。
  柯氏来和臨現地,発想永遠延長意。螺旋回路可延長,永久拡大自由賜。
  出口待人像幾多,加来市民仰天嗟。城門鉄鍵重如磐,海峡都市悲哀跎。
  希臘雄神弓射宙,飛燕颯颯舞天涯。東京今得文化証,三人門弟継師徑。
  双邦好意呼協力,名画得処千金贈。

-12-

     坂東十二名山 古詩現代韻    東京都 池田耕堂

      相州箱根山     神奈川県箱根町
    =古くは山岳信仰の一大中心として栄え
        近世、三重のカルデラ火山群の国際観光地=

  箱根山岳天下嶮,古来峠越極困難。深林小径昼猶暗,白雲巡嶂風物鮮。
  霊峰厳乎映湖水,地獄光景心凛然。温泉湧出楽遊客,芳花撩乱随処妍。
   (注)霊峰:富士山。湖:芦ノ湖。地獄:大・小湧谷。

      相州大山      神奈川県伊勢原市
    =古来山岳信仰の霊山として大いに賑わい
        大山寺、茶湯寺、阿夫利神社が鎮座する霊山=

  大山参詣絡白衣,講中民衆連袂之。鬱蒼雲林庇神社,山腰拝殿留玉姿。
  崇高不動鎮中腹,無量功徳千歳知。猪鍋豆腐特佳味,温泉景勝随処宜。
   (注)不動:大山寺の本尊。拝殿:阿夫利神社の拝殿。

      武州高尾山     八王子市高尾町
    =奈良時代の名僧行基が謹刻の薬師如来を祀り
        創建した古刹、神仏混淆の姿を留める霊場=

  霊峰清致昼陰森,巨杉並立迎訪賓。厳然本堂薬師祀,室町諸佛情趣深。
  華社殿飯縄儼,象徴天狗希世珍。山伏修験尚存在,火渡催事驚衆人。
  桜石楠花報春訪,晩秋紅葉燃我心。
   (注)室町:室町時代。飯縄:飯縄(いいなわ)大権現。

      武蔵嵐山      埼玉県比企郡嵐山町
    =槻川の渓谷と丘陵が京都の嵐山に
         似ている景勝地と畠山重忠の居館=

  比企丘陵新緑鮮,清流彷彿京嵐山。奇岩重畳為絶景,深秋紅葉充眼前。
  菅谷舘跡草林茂,鶯啼風爽心適然。重忠応命出菅谷,悲傷討死二俣川。
  往時街巷在何処,閣楼並建空慨歎。
   (注)菅谷舘:畠山重忠の居舘。重忠:畠山重忠(坂東武者の鑑)。

      上州浅間山     群馬県吾妻郡嬬恋村
    =天明三年の大噴火で村々を埋め
          大飢饉を引き起こした火山=

  高原縹渺百花拓,浅間連岳風景奇。天明噴火埋村落,溶岩歴々丘阜凄。
  武尊帰途終北伐,到峠望東嘆亡姫。南麓形勝作行楽,内外遊客来往滋。
   (注)丘阜:鬼押出し。武尊:日本武尊。南麓:軽井沢。

-13-

      上毛妙義山     群馬県富岡市
    =上毛三山の一っ、奇岩怪石が連なり古来から信仰の山=

  上州高原緑林繁,峻岑幽谷風景鮮。三峰鼎立競優劣,石門散在崖壁連。
  権現本殿実華麗,庭園眺望稀比肩。枝垂桜発告春訪,巨大芳樹映社妍。
   (注)三峰:白雲山・金洞山・(中ノ岳=妙義山)・金鶏山。


      上毛榛名山     群馬県高崎市
    =上毛三山の一っ、ニ重式火山で湖に映ずる姿は抜群=

  山村三月尚留雪,梅桜花綻都報春。霊峰映湖実優美,風温漣立鶯語頻。
  六宮荘重鎮危嶂,七福微笑迎衆賓。秋來紅葉彩連岳,魚釣滑冰冬満欣。
   (注)霊峰:榛名富士。六宮:榛名神社。七福:七福神像。

      上毛赤城山     群馬県前橋市
    =上毛三山の一っ、主峰黒檜山麓に
             素朴な上州二の宮が鎮座=

  赤城山麓百花披,群峰湖沼風景宜。素朴神殿語霜雪,幽玄清境稀訪人。
  博徒忠治生近在,善悪行動天下知。幾多伝説牽興味,昔時史実吾不疑。
   (注)忠治:国定忠治(長岡忠次郎)。神殿:赤城神社。

      野州日光山     栃木県日光市
    =日光国立公園の群峰・湖や
          東照宮・寺院など散在する信仰の山=

  野州霊地峙群峰,飛泉湖水風景清。家康鎮此護江戸,家光傾国社造営。
  豪華絢爛殿堂並,衆人驚歎東照宮。幾多寺社存随処,内外賓客常不窮。
  複合遺産冠天下,紅葉時節殊有情。
   (注)飛泉:華厳の滝など。湖水:中禅寺湖。家康:徳川家康。
      家光:徳川第三代将軍家光。

      常州筑波山     茨城県筑波市
    =萬葉の時代から詩歌に詠まれ
          関東随一の優美な信仰の山=

  関東平野転蒼茫,両峰相並山色芳。豪奢拝殿驚遊子,危巓奥社凌雪霜。
  萬葉歌人詠形勝,現今民衆娯登行。蟇油妙薬識天下,販売口上殊興長。
   (注)両峰:男体山・女体山。拝殿:筑波山神社。

-14-

      南房総鋸山     千葉県鋸南町
    =相模湾を望み、日本一の大仏と摩崖の百尺観音・
          千六百の羅漢が来客を迎える霊場=

  保田海岸聳危岑,二千羅漢迎訪人。石造大仏坐山上,摩崖菩薩帯軽雲。
  行基創建大僧院,火災遭遇帰灰塵。十州展望覚恐怖,霊場巡礼催興深。
   (注)行基:奈良時代の名僧。大仏:薬師瑠璃光如来坐像。
      菩薩:観世音菩薩立像。保田:安房郡鋸南町。

      房州舘山      千葉県館山市
    =鏡ケ浦を望み、里見氏が本拠を築き
        「南総里見八犬伝」の舞台になった山=

  房州臨海緑陰濃,舘山温暖花影重。霊峰遠望峻岑頂,優美天守浮碧空。
  里見備戦築城塞,星移人換改内容。馬琴名作興無限,舞台彷彿形勝中。
   (注)馬琴:滝沢馬琴=南総里見八犬伝の作者。


     (七言無押韻詩)人類知的開発与平和指向
                       神奈川県 高橋子沖

 人類文化先文明,文化芸術逸品存。諸神尊崇各国民,文字開発又有為。
 科学哲学以後興,嚆矢業績泰斯1師。希臘哲人究諸学,数学科学驚世人。
 万学亜士2学園開,弟子大王遠征行。世界影響革新散,遺跡徘徊夢魂驚。
 新設地動哥白尼3,哥倫4航海大陸開。牛頓5物理達尓文6,基督思想又変遷。
 中世復興現逸材,培根7笛卡8新説開。康徳9黒格尓10驚世,馬留11論法革命宣。
 情報交流新時代,産業貿易世界巡。宇宙開発新時代,天文時代競争迎。
 人望富貴退貧賤,征服希望嫌服従。深心道徳存慈悲,友好対立夢一時。
 遮莫人類干戈激,宗教抗争又不休。革命政変歴史綴,治世混乱憂言頻。
 合従連衡又断魂。国家民族独立争。国聯機能疑効果,人口増加環境患。
 人皆永遠平和叫,軍備縮小悉不成。此面哲学暗香流,現実世界是如何。
 軍事独裁企戦争,権力施政侵略行。民主独立望平和,国間利害調整難。
 兵器開発招危機,戦火発生住民悲。対立激化過一時,軍事外交日日厳。
 軍備温存平和無,戦争大義空虚言。他国干渉之侵略,戦費全廃教育重。
 往古江戸時代顧,平和継続三百年。今日国是平和論,然又国防論義喧。
 国家政党使命存,施政地上楽園望。康徳平和三百年,道徳哲学念再盛。

 (注)1泰斯:ターレス。 2亜士:アリストテレス。 3哥白尼:コベルニクス。
    4哥倫:コロンブス。 5牛頓:ニュートン。 6達尓文:ダーウイン。
      7培根:ベーコン。 8笛卡:デカルト。 9康徳:カント。
      10黒格尓:ヘーゲル。 11馬留:マルクス

-15-

編集子補足:
 高橋子沖九十翁の「押韻をしない古体詩」の提案は、ご本人が九十歳となられて着想されたものだが、漢詩として認められないという意見がある。それはそのとおりだが、現代の日本人にとって「詩」は、押韻を前提としてはいない。また、世界の詩の潮流は、前世紀において、押韻を捨てたかに見える。そこで、高橋翁の提案は、日本人が詠む漢字詩について、一考に値すると思える。


十七字詩

      飛聲非難責獨善          東京都 石倉鮟鱇

  民意在山杯,權官啜金盞。飛聲皆譴責,獨善。

  詞書:民意は山杯にあるも権官は金盞を啜る
  俳句:声飛ばしみなで独善譴責す
[PR]
by kanshiriun | 2016-08-17 21:50 | 2016年8月号
<< 2016年8月号 no.142... 2016年8月号 no.142... >>