カテゴリ:2015年2月号( 3 )

2015年 2月号 no.133 1/3

         目  録


  謹賀新年                   1頁

  詞                        2頁

    望海潮 泌園春 阮郎歸 江城子
    玉女迎春慢 祝英台近 兩同心 行香子
    巫山一段雲 霜天曉角 菩薩蠻 天仙子
    古調笑 應天長 聲聲慢 明月逐人來

  詩

    五言律詩                 6頁
    七言律詩                 6
    五言絶句                 8
    七言絶句                 9
    十七字詩                12

  旅情萬里・逍遙
    山陽之名城・名所           13頁
    逍遙横浜山下公園界隈       15

  現代短詩

    曄歌                   18頁
    四七令與短歌             19
    漢俳                   19

  鳴鴻渡海                  20頁

  随筆 詩俳同牀              26頁


    梨雲のページ  http://kanshiriun.exblog.jp/


          謹賀新年


  新年柏梁体(真韻)  葛飾吟社
  平成27年1月10日 於東京御茶ノ水

     先慶松竹廟祠隣  子沖
     老梅雪後一枝新  冬扇
     花信伝紅天地親  星舟
     賀年題字苦吟身  破笑
     歳月茫茫淡交真  艸禾
     為君寒菊傲霜晨  旭翠
     不知害賊太平民  菟庵
     梅花馥郁瑞祥春  甲春
     吟朋寄信喜心伸  香雪
     松梅瑞気自為仁  耕堂

(詩)
      和石倉秀樹先生原玉       中国長沙 段樂三

 日月悠悠去也來,風前雨後艷陽開。詩篇不老千秋志,樂記平安苦記災。

      迎接乙未年所懷         東京都 石倉鮟鱇

  羊年前路旭光來,和氣致祥天欲開。夫婦寸酌椒酒願,譱隣四海譱消災。

      新年作             千葉県 高橋香雪

  蓬蓬端氣覧佳辰,松竹梅花粧点新。全家欣欣身好在,吟朋寄信喜心伸。

      春暖元旦是好日         千葉県 長谷川破笑

  元旦傾杯祝賀年,酔翁酒醒夢郷連。左擁右抱憶昔日,胡坐膝中愛犬眠。

      迎接乙未年夢醒美醉       東京都 石倉鮟鱇

  羊腸思路到迷宮,夢醒三元新旭紅。洗臉端然啜椒酒,欣欣美醉數餘生。

-1-

      新年感懷            東京都 石倉鮟鱇

  庭前家雀鬧咳咳,新旭破雲光耀開。洗臉三元與妻子,傾觴一醉試詩才。
  迎春無恙磨香墨,走筆含靈潤硯臺。覓句如泉藝林涌,繆斯有意抱琴來。

(詞)
      行香子・元 旦         上海 陳 興

  狂嘯瀛洲,漫遣輕舟,望迢迢、春水盈眸。櫻花待雨,旅路登樓。但詩中哭,詩中笑,詩中愁。
  青鳥高飛,白浪橫流,又新年、祝語無休。寒風北國,冰雪中州。記去年春,去年夏,去年秋。

      勝勝令・迎接乙未年述懷     東京都 石倉鮟鱇

  羊腸詩路,猶剩前途,老翁清醒仰金烏。山居慶賀,與荊妻,啜屠蘇,帶藥效、滌洗壽樗。
  醉借紅顔,鼓詠志,展鴻圖,試揮吟筆潤江湖。題襟但願,世安寧,友相扶,過晩年、無恙暢舒。

      天仙子・迎接乙未年試筆 獨木橋體  東京都 石倉鮟鱇

  羊歳正堪期上譱,詩翁將試詩眞譱。佯仙呵筆潤金杯,酒美譱,膳完譱,何不飛聲吟盡譱。



               詞


      望海潮・雅加達旧帆船港      千葉県 今田莵庵

  港湾開北,陽光降熱,雅加達港喧然。帆布畳床,舷頭輸貨,総監督動船員。壮工走争先。不変百年規,似現今賢。曾覓香料,来航陸続大帆船。
  洋人終日留偏。執耽思祖業,視百年前。回首伴愁,聞声帯熱,大航海不忘牽。日本客無縁。消傾心忽去,足跡塵煙。民族雖承歴史,各自依存淵。
    (註)雅加達=Jakarta。

-2-

      泌園春 ・悼植村攻大兄回首往昔   千葉県 今田莵庵

  兄発倫敦,来役名京,五旬半過。着任分斗酒,賀婚夙整,再来同伴,共慶迎娥。持帰音盤,放流溺聴,連夜消魂楽劇歌。深更問,我回家可否,不許娑訶!
  後年兄蒙荒波。任紐育,単身挫脳跎。職務加重責,東西奔走,欲労身体,擾擾難多。離職呈書,描中巨匠,誘楽同人傍養痾。聞訃想,貴兄成欲尽,得意如何?

      阮郎歸・流花天蹤“八箇岳”四季逍遙 四首 獨木橋体
                      東京都 竹田甲春

  深谿寒肅徑清幽,溏冰雪蓋流。當今鄕里植禾苗,春裝花彩流。 
  踏淵洞,脚埋囚,妄行陥入流。山神狐魅策謀躊,豁然涼気流。

  羊腸披道喘息爬,巖頭看蕾花。嶺稜文綺若公衙,夏來即盛花。
  耐風雪,順乾沙,根岩高地花。萬難持滿到機答,如斯願畢花。

  繡金織錦脊梁聯,露營望碧天。月盈明皓照出山,秋澄映昏天。
 “女伏也,好奇觀”,徒勞欲昵天。感興無尽忘寒耽,嫦娥既沖天。

  雪原銀閃路頭朦,追尋人足蹤。寂寥沈黙似幽冥,冬嚴地上蹤。
  梅花印,貉貍通,兎猴羚鹿蹤。仰瞻山貌戰功銘,天嘗掻剷蹤。


     詞 十六首            東京都 石倉鮟鱇

      江城子・朗朗高吟迷惑人

  知否詩魔愛酒香,賣詞章,買杯觴。醉叟花錢、請客對姑娘,朗朗高吟新作品,眞迷惑,甚荒唐。

      江城子・醉 霞

  才媛香腮生醉霞,笑容佳,酒量誇。詩人洗耳,圍上解言花。評論藝林文運替,露牙齒,咬西瓜。

-3-

      玉女迎春慢・夢遊富嶽伴天仙

  三保松林,横枝挂、閃閃羽衣無縫。結友天人倩影,入海悠然泅泳。清漣如鏡,望富嶽、昊穹高聳。遊魂張翼,接受好風,飛向絶頂。  隨心所欲仙郷,虚襟遠望,地平烟景。目下江湖晏靜,到處櫻雲盛涌。夢蝶飄逸,舞片片、雪花霞洞。回看靈峰,破曉痛惜覺醒。

      祝英台近・鬼工雷斧爲詩筆

  有詩翁,學風韵,却老勤裁賦。曳杖隨風,探勝喫辛苦。濃春穿入櫻雲,偶逢山怪,含笑賣、鬼工雷斧。  是仙府,紫烟籠罩濛濛,試揮才筆處。箋上忽生,琳館堪留宿。眼前花貌稱揚,拙詩絶妙,巧摘句、宛如鸚鵡。

      兩同心・比翼飛聲化黄鳥

  夢裡仙娥,月中花貌,勸美酒、洗淨塵胸,使詩客、長生蓬島。賞櫻雲,香雪繽紛,春天晴好。  對飲紅唇含笑,白頭却老,乘酣興、遊目得詩,揮才筆、修辭巧妙。上蒼穹,比翼飛聲,化爲黄鳥。

      行香子・運斤成風揮筆生花

  月照丘陵,酒洗樗翁,借朱顔、遺忘年齡。醉魂蛻骨,心志無形。擅詩思馳,蜃樓聳,夢花明。  運斤成風,跨筆行空,到天堂、仙女歡迎。四方八面,萬紫千紅。喜傾霞觴,促椿壽,伴春情。

      巫山一段雲・心心相印共飛聲

  傾酒凌寒好,游魂肆體眠。夢中雲海繞巫山,霧消逢鳳仙。
  花貌勸杯微笑,玉指彈琴巧妙。心心相印轉多情,唱和共飛聲。

      霜天曉角・寒冬苦吟

  老愛山居,裁詩頻撚鬚。傾盞凌寒呵筆,浮妄想、坐華胥。
  苦吟如蹇驢,硯池游井魚。歳暮獨聽鐘語,有鳳字、羨龍駒。

      霜天曉角・醉 霞

  才媛酬答,丹頬生醉霞。句涌如泉歩韻,喜風話、促開花。
  春晝誓生涯,秋宵歸老家。世路離題千里,引雪水、種西瓜。

-4-

      菩薩蠻・蒼顔仙逝黄童長

  蒼顔仙逝黄童長,蒼黄反復常一樣。春晝伴花容,秋宵思始終。
  青年迷世網,老骨隣天上。帶酒待輪廻,游魂出死灰。

      天仙子・我是罪人開大口

  我是罪人開大口,充飢連日吃禽獸。生魚片適醤油香,傾清酒,捏毛豆,美醉鼾眠安枕肘。

      古調笑・明年可否賞春光

  鶯哢,鶯哢,滿目櫻雲盛涌。明年可賞春光?老骨無何感傷。傷感,傷感,試鼓吟喉詠嘆。

(獨木橋體)

      應天長・無病呻吟筆底長痛

  春天戀愛,秋夜泣別,青年易頻酸痛。晩境減輕辛苦,詩翁少心痛。登医院,療腰痛,順便請,指壓肩痛。就歸路,笑入酒家,緩和頭痛。  酣醉憶生涯,疑事無功,裁賦漫愁痛。屡訪九州名蹟,吟懷擅遺痛。得嘉句,消悔痛,欲題壁,月中哀痛。坐孤舟,無病呻吟,飛聲長痛。

      聲聲慢・詩人晩境醉高傲

  青春逞志,朱夏裁詩,偶得傑作狂傲。好句連綿,吟競茅蜩凌傲。金秋藝林上梓,買大家、隱然欺傲。久堪忍,送白頭仙逝,黄泉驕傲。  如此玄冬却老,巧率領、門徒數千桀傲。回憶生涯,嘗胆臥薪執傲。悠悠啜杯美醉,坐紅樓、笑佯嘯傲。酒解悶,雪滿頭、赧顔高傲。

      明月逐人來・等候繆斯如尾生

  騷人希望,詩林名望,揮禿筆、自誇才望。仰天期待,繆斯酬大望,或是遙遙野望。  偏愛山河,寓景舒情回望,多凡作、堆積怨望。買酒洗滌,樗叟頻失望,恰似尾生絶望。

      天仙子・血涙洗百孔千瘡更九傷

  目送夕暉獨感傷,旗亭傾盞漫哀傷。詩翁刀筆刺心傷,流血涙,洗懷傷,百孔千瘡更九傷。

-5-

               詩


五言律詩

      硯池游井魚           東京都 石倉鮟鱇

  感情裁善悪,理性論賢愚。言語爲香餌,裸蟲吃口諛。
  少年輕世路,老叟樂文娯。天帝垂綸釣,硯池游井魚。
 又
  故紙多蟲蠧,硯池游井魚。兎角爲詩筆,龜毛含墨淤。
  馳神張鳳翼,言志跨龍駒。如此思胡亂,泥牛踏暗渠。

      詩仙命權宦脱靴         東京都 石倉鮟鱇

  城狐借虎威,傲慢不知非。雅宴排虚礼,群臣擅酒杯。
  詩仙乘興命,權宦把頭垂。更使脱靴處,揮毫醉墨飛。

      五律・迎立春          東京都 石倉鮟鱇

  茅齋白首坐,院落素梅開。詩筆含香墨,錦箋迎菲才。
  千篇踏風韻,一律頌蓬莱。鳳字張雙翼,飛聲舞春臺。

  天天春意催,詩叟試徘徊。池水如瑤鏡,陽光映酒杯。
  旗亭村婦笑,院落素梅陪。有意揮詩筆,掃除心裡灰。


七言律詩

      梅雪戀             千葉県 紫陌青猫

  如絲如絮舞江天,淡抹濃妝俏林園。雪愛梅花耽冬日,梅花戀雪綻隆寒。
  紅梅醉雪雪尤勁,白雪撫梅梅更妍。不喜東君吹熱浪,花凋雪匿待明年。

      甲午歳末感懐          神奈川県 萩原艸禾

  獨坐倦書燈影暗,須臾回首憶残年。濁流刮地溢溪澗,豪雪閉天埋破檐。
  石弾豈期撃踏客,暴風惣已倒狂瀾。私懐世事乾坤叛,酔裡添炉夜色寒。

-6-

      熊野神社銀杏樹         埼玉県 秋葉暁風

  武州白子美人魂,尽日幽庭淨払門。春逆青芽嬌破夢,夏深緑葉清遮軒。
  秋香朱実愁無趣,冬邊黒枝寒有痕。耐雨耐風常客到,悠然大樹立乾坤。


      七言律詩 九首        東京都 石倉鮟鱇

      才媛笑揮詩筆潤香醪

  風流韻事忘年交,共入旗亭作酒豪。才媛遊魂抱春甕,老翁懷舊坐秋宵。
  往時淑女避酣燕,今日丈夫陪醉猫。花貌飛聲命磨墨,笑揮詩筆潤香醪。

      才媛香腮生醉霞

  旗亭窗外景光佳,湖畔紅黄夕照加。雅客連襟遊勝地,吟魂得句作啼鴉。
  詩翁笑貌啜醇酒,才媛香腮生醉霞。數語婉約評作品,艷然含笑似開花。

      隣翁鼾睡夢天堂

  各人自掃門前雪,莫管他家瓦上霜。月照旗亭爲壽短,酒流詩苑擧杯長。
  正賓頻勸傾雲液,雅客不知辭玉漿。不顧隣翁擱空盞,鼾眠首肯夢天堂。

      至誠不動勸農業

  至誠不動使生人,共感先賢志趣新。富賈出損建學舎,秀才遊仕赴寒村。
  天天領導農民努,日日翻耕土壤貧。夏去秋收滿倉廩,共傾酒促臉邊春。

      醉酒飽徳浮笑窩

  富在知足商賈請,客集悦目玉樽多。清聖芳醇映銀月,濁賢酩酊忘金科。
  憂國厭世喜閑話,醉酒飽徳浮笑窩。感謝主人辭飯店,分飛歸路散娑婆。

      夢醒蓮臺聞淨香

  難斷痴情如餓狼,放浪江湖老異郷。怨天憎命会毒苦,拜鬼求神買酒觴。
  醉枕閑肱戀花貌,笑陪老叟叫空王。呉儂軟語消烟霧,夢醒蓮臺聞淨香。

-7-

      苦吟但聽雨無情

  白頭暫借赭顔傾,美祿潺潺洗壽齡。登厠依窗人有意,仰天傷感雨無情。
  暗雲留止月娥隱,好句難成鬱悶生。獨坐寒齋苦吟處,只聞四壁瀝滴聲。

      養虎傷身

  菲才不運飼詩魔,養虎傷身渡涙河。春賞櫻雲映流水,秋玩天月間旋窩。
  頻尋形勝逢山鬼,笑賣村醪呼老哥。無病呻吟發酒債,老妻悲嘆苦辛多。

      迎立春

  雅客凌寒傾酒杯,旗亭等待繆斯陪。詩人求句尋玄府,玉骨知春發素梅。
  漸促遊魂磨墨水,更揮醉筆掃心灰。春風將起堪張翼,夢想行空不返回。


五言絶句

      再 宿             埼玉県 芋川冬扇

  空林今昔感,正是入玄冬。再宿流水畔,銀花又此逢。

      友来遊             埼玉県 芋川冬扇

  雪後春猶浅,新生草木蘇。歓迎詩酒友,小院鳥相呼。

      客中夜聞寒澗聲         東京都 石倉鮟鱇

  秋來蝉語盡,蟋蟀促霜風。銀月臨紅葉,夜聞寒澗聲。

      安分知足

  生涯小市民,安分愛清貧。不顧衣食事,知足坐藝林。

      歩韻吉田松陰『辞世』韻     東京都 石倉鮟鱇

  樗散缺鴻志,臨終謝兩親。無爲過春夢,冥土謁詩神。

-8-

七言絶句

      早 梅             千葉県 紫陌青猫

  凝祥瑞雪俏河山,旧去新来喜年關。誰引春姑悄然至,微紅點點染枝尖。

      初 冬             千葉県 紫陌青猫

  残柳蕭蕭梧葉黄,失群子雁泣鳴長。北風尚未撲天舞,巷口已聞“寒太郎”。
   (注)寒太郎:灯油巡回売り車から流れた曲


      寄旧大阪外国事務課会      千葉県 今田莵庵

  雄橋淀屋結紅縁、回首如夢四十年。朝会歌声猶有耳、埋窓銀杏列魁然。

      賛法国餐聖橋亭         千葉県 今田莵庵

  聖堂背北赤祠南、美味珍香法国餐。是元名家居住跡、分離個室好清談。

      賀安西篤先生現代俳句協会賞受賞 千葉県 今田莵庵

  先生我共在金融、是最凝神情趣濛。在世栽俳難得賞、莫忘詩眼去論窮。


      京都同級会           千葉県 高橋香雪

 “渡月”橋畔京洛秋,“嵐山”眼下一川流。寺楼吃素黄花酒,旧友相逢共勝遊。


   感詠貧士荒蕪裡看見紅粧満天星恰似点美灯 千葉県 長谷川破笑

  貧士荒蕪得美灯,妖妃容色満天星。暖春皓皓銀珠爽,秋令紅紅錦綉豊。


      梅花偶成            東京都 田村星舟

  藪裏梅花有孰看,轉枝恰恰野禽歓。余香細細加風色,白髪徒傷氷萼殘。

-9-

      春日偶成            東京都 田村星舟

  村墟日輝属令辰,風吹白雪一望新。陶然少忘人間事,萬朶無言啼鳥親。


      人               東京都 石塚梨雲

  恩讐一夢世間常,八百星霜万恨長。窗外寒灯照紛雪,前庭枯木轉荒涼。

      修 行             東京都 石塚梨雲

  春秋一夢思悠悠,苦学修行不易求。淑景欲流梨花雪,山園寂寞惹詩愁。


      初春偶感            埼玉県 塚越杉水

  早春梅信鳥声新,柳眼如煙無俗塵。勿覚年年人易老,閑吟閑酌莫逡巡。

      悼千明守先生御逝去       埼玉県 塚越杉水

  初春看雪上州川,君臥歳余趨九泉。難忘妖華盛服貌,遺児俊秀請安眠。


      訪乗蓮寺            埼玉県 秋葉暁風

  東京大仏象仁慈,恒久和平堪静思。玄彩発光神秘力,尊顔仰看見矜持。

      拝秋葉山本宮秋葉神社      埼玉県 秋葉暁風

  靉靆檜杉離俗塵,崇厳聖域感山神。精霊合挙思波洽,乙未三元歳此新。

      喫茶館             埼玉県 秋葉暁風

 “鋸山”崖下喝茶莊,爵士迎賓女将娘。帯把陶杯看美麗,咖啡一椀楽含香。

      訪房総半島最南地        埼玉県 秋葉暁風

  房総南端浸碧漣,潮風吹爽上岩巓。陽光出入看無際,縹緲滄滄海與天。

-10-

      夢中得句“織女牛郎相許間”遂成  上海 陳 興

  機杼無聊日若年,遙知守候在河邊。人間毎至更新歳,織女牛郎相許間。

      鎌倉高校前            上海 陳 興

  灌籃高手往何方,高校門前即海洋。鈴響江之電又過,長成大叔少年郎。

      報國寺竹之庭           上海 陳 興

  鋪沙庭院茱萸小,古寺梅花數朶閑。茶淡山深仍得樂,竹高天近即知彎。


     七言絶句 六首          東京都 石倉鮟鱇

      知行一如仙鶴舞天涯

  知得韻律弄詞華,行道前途千里遐。一氣呵成筆張翼,如騎仙鶴舞天涯。

      修眞養性8

  修眞養性作白頭,却老飛聲遣暮愁。目送歸鴉向夕日,聳肩孤影映江流。

      滿面紅光

  金杯緑酒洗白頭,滿面紅光喜勝遊。茅店姑娘回首指,櫻雲盛涌映江流。

      醉筆堪騎舞碧空

  繆斯懇切待詩翁,勸酒芳醇洗性情。乘興醉揮禿筆好,堪騎千里舞蒼穹。

      隷属詩魔知自由

  隷属詩魔知自由,騷人揮筆弄憂愁。心窩深處言泉涌,不顧才貧醉蜃樓。

      聖誕節前夜

  有誰不信正今宵,馴鹿行空拉雪橇?聖誕老人搬贈品,金童玉女待清朝。

-11-
[PR]
by kanshiriun | 2015-02-24 17:27 | 2015年2月号

2015年 2月号 no.133 2/3

十七字詩

      歳末戯選             千葉県 長谷川破笑

  宰相獅子吼,一起喝芳酒。人人無後如,走狗。


     十七字詩與俳句 五首        東京都 石倉鮟鱇

      黒 運

  寒窗仰月娥,獻壽獨平穩。緑酒洗白頭,黒運。

   詞書:寒窓に月娥を仰ぎひとり寿を献じて平穏なり
   俳句:白頭の黒運洗ふ緑酒かな

      鶴 性

  目送多賢聖,行空消雪嶺。世人愚不知,鶴性。

   詞書:見送るは多くの賢聖 空を行き雪嶺に消ゆるを
   俳句:世の人は愚かで知らず鶴の性(さが)。

      箋紙舞風刀

  凌寒傾酒盞,呵筆作詩豪。悲哉箋紙舞,風刀。

   詞書:寒を凌いで酒盞を傾け筆を呵して詩豪となるも
   俳句:悲しいかな箋紙は舞へり風刀に

      抱 痛

  自大醉毫豪,裁詩在霞洞。酒醒再讀餘,抱痛。

   詞書:醉毫の豪なるを自慢し詩を詠んで霞洞にありしも
   俳句:酒醒めて再讀抱く痛みかな

      畫匠追懷描佛像

  賢媛去香臺,少年爲畫匠。追懷花貌描,佛像。

   詞書:賢媛は香臺に去り少年は画匠となり
   俳句:仏像を描くに憶花貌かな

-12-

         旅情萬里・逍遙


    山陽之名城・名所 古詩現代韻   東京都 池田耕堂

      美作津山城(鶴山公園)   岡山県津山市
   =森忠政が築き、大和と出雲を結ぶ街道の街並は「小京都」と呼ばれる美しい城下町=

  出雲街道往来滋,優美市井似京師。石濠堅固感銘久,壮観高櫓分外奇。
  維新政令城破却,望楼再建如昔時。春回遊子酔桜下,秋至紅葉随処宜。

      芸州郡山城    広島県高田市吉田町
   =毛利元就の本拠、尼子三万の軍勢に包囲されたが此れを撃退した険祖な山城=

  元就本拠晩秋尋,吉田村里存錦林。故城遺構只山腹,険祖連嶂幽径深。
  尼子将士雖来襲,僅兵善戦退大軍。氏族墓地竚山腹,蒼苔石塔傷客心。
   (注)元就:毛利元就。尼子:尼子晴久、戦国の武将

      芸州広島城    広島市中区基町
   =毛利輝元が築いた名城、原爆により全壊したが昭和33年に天守閣は復元し、 
                                         近年二の丸も復元=

  山陽首府緑陰滋,水郷縹渺多所思。城成林苑春秋麗,厳然天守風景宜。
  怪光一閃渾化礫,市民熱意甦旧姿。平和都市行宣言,慰霊公園清且奇。
   (注)怪光:原子爆弾。公園:平和記念公園

      安芸宮島(厳島神社)   広島県廿日市宮島町
   =日本三景の一っ、平清盛が一門の繁栄を願い弁財天を祀った壮麗な神社、国宝=

  弥山楓林報錦秋,海浜華表招旅遊。朱塗本宮極妍麗,幾多社殿汀渚浮。
  回廊曲折結諸殿,舞台層塔随処幽。平家一族篤崇敬,瓊殿寄進神祐酬。
  宮雖屡壊毎修復,女神祠宇無限優。
   (注)華表:鳥居。女神:市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命(宗像三女神)。

      尾道千光寺   広島県尾道市
    =多くの文人に愛された坂道の港町と山の上の見晴らしの良い古刹=

  千光山苑翠成陰,珠浦形勝天下聞。朱堂梵鐘感銘久,巨岩宝玉驚訪人。
  桜花春至彩清境,紫藤芳菊牽賞心。幾多文人愛風物,石碑小道幽興深。
   (注)珠(玉)浦:尾道の海岸

-13-

      備後福山城    広島県福山市
   =徳川家康の従兄弟、水野勝成が伏見城から櫓・門を移築して築いた近世築城
                                              最後の名城=

  西国要衝緑林繁,名城臨海風景鮮。壮観天守聳山上,優美楼殿連本丸。
  戦時大半失空襲,正門高櫓幸免難。蒼茫郭内成公苑,文化施設随処看。
   (注)正門:筋鉄御門。高櫓:伏見櫓

      備前岡山城    岡山市丸の内
   =宇喜多秀家が築き、後に池田氏が入封した屈指の名城=

  温和瀬戸緑陰濃,備前海陸天賜豊。楼門望櫓実荘重,漆黒天守殊有情。
  城雖焼失因空襲,象徴再建連碧空。四時風景趣移変,両園相映山水清。
   (注)備前:岡山県南部。両園:烏城公園・後楽園

      岡山後楽園    岡山市北区
    =日本三名園の一っ、月の名園=

  備前温暖産物豊,政経要区従古栄。都府中枢玉城聳,清川洲上芳苑営。
  林泉築山梅桜笑,芝生茶室装錦楓。名園真値在賞月,仲秋晩晴興無窮。
   (注)政経:政治・金融経済。清川:旭川

      備中高松城    岡山県高松
    =羽柴秀吉が前代未聞の水攻めで攻略した平城=

  備中田野碧峰重,高松沼沢浩無窮。本丸遺構石碑竚,城主首塚思塞胸。
  秀吉築堤水攻行,宗治自刃殉誠忠。未聞奇策只如夢,青苔今尚残世名。
   (注)秀吉:羽柴秀吉  宗治:清水宗治

      備中鬼之城址    岡山県総社市
    =桃太郎伝説が生まれた、百済の渡来人が築いた古代朝鮮式山城=

  備州郡嶂緑陰繁,巨岩城跡登上難。断崖土塁遶危嶺,西門再建仿朝鮮。
  温羅築塞為悪事,将軍奉勅征鬼山。古代堅城興無限,渡来技術唯感歎。
   (注)温羅(うら):百済の渡来人。将軍:四道将軍(吉備津彦命)

-14-

      備中吉備津神社   岡山県吉備津
    =桃太郎伝説の主人公を祀る備中一の宮=

  温和田野正蒼茫,備中総社花影芳。壮観本殿驚行客,古風諸殿奇十方。
  将軍奉勅征山塞,峻城攻略鬼滅亡。巨大古墳葬何者,鳴釜神事幽興深。
   (注)将軍:孝霊天皇の皇子、四道将軍の一人、吉備津彦命
      鳴釜:お釜の鳴る音で吉凶を占う神事

      備中松山城     岡山県高梁市
    =全国の城郭で最も高い処に築かれている城寨=

  高梁市外清水流,白壁華屋随処留。車登急坂羊腸道,下乗険路攀臥牛。
  石壕層櫓聳危嶺,松山頂上天守浮。築城難事不能測,無辺感動顧千秋。
   (注)臥牛:臥牛山


     逍遙横浜山下公園界隈     神奈川県 高橋子沖

(五律)
      山下公園

  海上白鴎舞,商船浪往来。港湾風景改,帆影洗浮埃。
  往古魚歌起,今来好夢回。早春花不語,散策思雄哉。

      山下公園 赤靴少女像

  横浜船出港,異色景不常。少女赤靴歩,童謡作者忙。
  詩歌流社会,銅像海風涼。散策鳴鴎鳥,薔薇一園香。

(五古)
  山下公園

  眼前船舶多,交易及世界。文物去来波,開港世紀半。
  風雲歳月過,未来君知否。

      山下公園 大道芸

  人集大道芸,巧乗一輪車。墨筆片手舞,新春拝年書。
  観衆喝采続,一時興無余。

-15-

(七律)
      山下公園 海浜髙塔(Marine Tower)

  開港記念百周年,髙塔新生対清漣。本牧埠頭東方列,雲上富士聳西天。
  公園眼下遊人憩,山麓堂宇歴世眠。観客不尽愉眺望,苑裡楼下盛婚筵。

      横浜港 遊覧巨船世界旅行偶感

  遊船巨大三洋巡,寄港横浜大桟橋。東海悠々春色好,西山刮目話良宵。
  古風庭園風流興,現代雑涛不可描。遮莫五州乗客夢,詩情思出客心焦。

(七古)
      山下公園 比国利将軍記念碑 GE Ariemio Ricarte

  出生比島住北縁,祖国独立情熱燃。靑年挙兵事不易,日本亡命山下湮。
  変転戦火看残梅,帰還不成草堂隅。日本敗戦成独立,郷里病死向誰哀。

      山下公園 印度水塔

  関東震災襲横浜,被害印度救済均。返礼水塔真似画,日印友好存無塵。
  散策要人関心髙,無言観客共遊傲。異様装飾馬賽克,思遠夢飛超波濤。

      山下公園 女童子軍紀念像 Girl Scout 

  英国発生来日本,連盟発生百周年。少女塑像浴注目,堅固約束三項伝。
  左手握手是特異,右指挙手志逾堅。

(七絶)
      山下公園 其一

  開港記念百余年,世界巨船在眼前。歴史変転無限憾,未来海運向誰伝。

      山下公園 其二

  開港横浜安政年,交流文物転凄然。鴎飛海上薫風裏,巨船往来万感牽。

      山下公園 西洋理髪発祥碑

  文明開化五雲中,丁髷帯刀廃止風。理髪店舗開業記,白圭石像感無窮。

-16-

      山下公園 趣味画家

  中年女史訪公園,風景静看描筆奔。天界閑雲春鳥囀,才華紙上向誰論。

      山下公園 聖迭戈友好泉 San Diego Friendship Fountain

  友好多年泉水揚,女児水桶浴春光。一園花満徘徊久,情誼両都豈可忘

      山下公園 鴎水兵歌碑

  白鳥鴎飛鳴声巧,童謡普及歌碑詩。水音翅景春如夢,少女浜辺玉笛吹。

      横浜港繋留氷川丸

  大洋往復越二百,現役就航三拾年。船客高官旋感慨,繋留半世思玄玄。

      横浜港 大桟橋

  巨船入港桟橋接,世界客員度恵風。風物観光巡世界,大洋航路水西東。

      横浜市世界八都市姉妹契約

  国際連携重市会,欧亜北美八都通。平和連携薫風渡,有夢未来仰碧穹。

    (注)契約都市:サンディエゴ リヨン オデッサ バンクーバー
               ムンバイ マニラ 上海 コンスタンツァ

(俳句と漢俳)
        山下公園 偶感

  整える菫の花壇冬日差し
  菫花整公園 微風五彩依依翻 人皆脱世煩

  新春や港横浜氷川丸
  新年春静浪 繋留氷川椒酒香 横浜港又芳

  船上に日の丸映えて冬鴎
  船上白鴎飛 氷川船舶対冬揮 翻日旗有威

-17-

  マリンタワー開港百年相愛の春 (仄韻)
  春陽海浜道 開港百年記念搭 男女相愛導

  庭に咲く凛たる水仙勇気呼ぶ
  暫看水仙花 姿凛無塵情又加 湧勇気園涯

  落葉無く枯れ木の薔薇に老者立つ (仄韻)
  園裏無枯葉 斜光優美寂寞揺 無言老朋靨(えくぼ)

  枯れ芝生犬と駆けるや素足の子
  園裡枯芝生 犬與競争幼児声 霜朝素足軽

  犬と行く老人二人霜白し
  路傍落春光 連犬二老又何妨 揺風髪如霜



          現代短詩


曄歌

     五 首              東京都 田村星舟

  題彩箋。紛紛白雪,蔽庭妍。

  故山春。圓月和人,惜殘更。

  小花明。窗閒一榻,一曲聲。

  百慮忘。春月明窗,筆硯香。

  月斑文。寒夜天心,洗俗氛。

     聲病痛              東京都 石倉鮟鱇

  佯鳴鳳,詩叟傷情,聲病痛。

-18-

四七令與短歌

      三 首             東京都 石倉鮟鱇

  櫻雲盛涌,霞洞吟翁抱春甕。
  櫻雲の盛んに湧きて霞たつ洞に吟翁抱きをる酒甕

  春風滿袖,笑上江樓携緑酒。
  春風を袖に満たして江樓に笑って上る緑酒携へ

  八仙過海,來到蓬莱逃酒債。
  八仙の海をよぎりて蓬莱に來たり到りて逃るる酒債


漢俳

      早春偶成四首          埼玉県 塚越杉水

  探梅初一遊。二月軽煙春多少,俯仰登小丘。

  春光花影濃。寺中松老人不見,如湧午時鐘。

  書窓雨未晞。蛙語寥然春陰足,詩客恋芳菲。

  江東風日暄。士女帯煙高塔下,一川月黄昏。


      天 運             東京都 石倉鮟鱇

  清晝搖唇吻,議員空論忿風聞,國策從天運。

      國 運             東京都 石倉鮟鱇

  白頭未安枕。酒家傾盞論新聞,讀後憂國運。

      解言花綺麗           東京都 石倉鮟鱇

  枕書人肆體,美醉鼾眠喜詩裡,解言花綺麗。

-19-
[PR]
by kanshiriun | 2015-02-24 17:25 | 2015年2月号

2015年 2月号 no.133 3/3

             鳴鴻渡海


       散曲六首       中国長沙 段樂三

     [中呂・陽春曲]懷念曲師羊春秋

         一

  當年“文革”心孤陋,尋找空閑學府遊,打聽師長没能求。公被鬥,驚恐半生惆。

         二

  陽光燦爛勤為首,當好公差忙不休,想學散曲訪師樓。難久守,師逝一生愁。
 (注)羊春秋,曾任湘潭大学中文系主任,中国散曲研究会首届理事長。

     [双調・快活年]社区小樂隊

  蕭悠笛漾配琵琶,胡琴為主拉,張爹李奶綻心葩。養老無牽挂,快樂同瀟灑,常表達。

     [双調・快活年]全家旅

  兒孫閑裡一同娛,娛遊高鐵旅,神州大地讓心舒,外國航空去。勤照全家福,留樂趣。

     [仙呂・后庭花]動物園

  籠囚動物園,分明行鐵權。人畜皆同類,和平互戴天。想撈錢,心中無善,還容何自然?

     [仙呂・鵲踏枝]斑鳩咕咕

  早咕咕,晚咕咕,斑鳩贊美花臺,歡欣與我同居。巢中鳥為子精心哺乳,瞧瞧小斑鳩也在咕咕。

-20-

     漢俳十首          德国 呢 喃

      世界漢俳

  四海興漢俳/以文會友樂開懷/吟唱不徘佪

      月

  風吹花凋謝/物是人非星空夜/滿眼思親切

      回 家

  回家路漫長/思親無語心憂悵/團圓在他鄉

      人 生

  是本糊塗賬/酸甜苦辣鹹無度/樣樣穿肚腸

      路

  漫漫人生路/崎岖蜿蜒峰又轉/幸福莫迷途

      嘆 潮

  潮前水後追/塵事如潮人如水/夢醒人還醉

      養 生

  習慣徒步走/少肉多菜人抖擻/健身亦長壽

      失 約

  愛蜜語甜言/喜新厭舊人貪婪/恨分飛勞燕

      情 殤

  愛你我不分/地老天荒情難甄/恨老死不聞

      十 德

  仁義信禮智/文明傳承享譽世/忠孝勇廉恥

-21-

     漢俳十首          美國 王克難

      詠 梅

  紅梅枝頭唱/千山萬水情意長/朵朵訴芬芳。

      2014年上元、情人節同日

  玉兔東升高/上元、情人佳節好/天涯共良宵

      回 家

  日夜念回家/近鄉情怯思如麻/兩行清淚下

      失 約

  前日捎書約/門前車馬終日多/細雨燈花落

      弄 潮

  潮起潮落好/碧海萬傾風光邈/人生無限妙

      第一次世界大戰

  緬懷眾英烈/碧血黃沙魂不散/遍野紅罌粟

      羅爾卡的安達盧西亞

  橄欖苦橘多/格拉納達兩條河/血淚流相和.

 (費德里科加西亞‧羅爾卡Federico García Lorca (1898-1936) 西班牙二十世紀最有名詩人之一, 38歲為獨裁者弗郎哥謀殺. 生、死、寫絕西班牙的安達盧西亞.)

      2014巴西世界杯足球賽

  萬頭齊轉動/一球踢進立大功/全世界歌頌

      養 生

  家父王建今/一零四歲方往生/日日太極拳

  家母王左錚/年近九十蒙主恩/日日八段錦

 (家父王建今,中央政治大學、日本早稻田法學院畢業.中華民國檢察總長十七年﹐任教東吳大學等數十年。家母王左錚,早年留學日本.與家父結婚六十七年,除會計工作外,並培養子女六人,皆大學畢業, 從事法律、寫作、會計、電機、電腦、服裝設計工作)

-22-

     漢俳十首          澳洲 心 水

      春香湖

  鳥聲落山谷/櫻花幽香飄滿湖/倩影繞雲霧

      嘆息湖

  松風四季鳴/彷似孤魂訴悲情/嘆息定湖名

  (註)大叻山城距胡志明市三百公里;春香湖於市區附近,嘆息湖在效區數公里外。

      秋 色

  葉似蝶兒吟/小城清幽燈昏沉/秋風剌骨深

      晚 秋

  斜陽西邊笑/晚秋霞光迎歸鳥/但聞風嘯嘯

      雨後新荷

  夏雨浣紗窗/郎情妾意配成雙/明月照客床

      含苞待放

  感君情意濃/百花含羞待春風/虛渺浮生夢

      甘露普潤

  花蕊笑春濃/腳踏蓮步放輕鬆/默念如來頌

      喜獲佳孫

  黃家獲佳孫/英氣俊逸臉如春/歡樂心滋潤

      蟬 鳴

  仲夏蟬聲急 /烈日斜照無風雨/故鄉盈春意

(註)墨爾本盛夏卻是中國農曆春節。

      參 襌

  更殘寒冬靜/行住坐臥苦參襌/悟夢幻泡影

-23-

     詩詞 十四首           中国浙江省 夏 凱

(詩)
      春 雨

  簷花溜春雨,燕子剪風歸。浪疊弦聲澀,山浮墨色飛。
  玉條如此折,清影奈何違。世上皆殘夢,生涯半飾非。

      獨居寄石倉秀樹

  地僻餘心遠,寂寥無客過。秋中頻木落,病裏漸愁多。
  月冷爐煙鎖,更深雨點和。雁書歸來日,世味近如何。

      秋吟歩『獨居』韻寄夏凱      石倉秀樹

  山徑猿啼處,騷人求句過。金秋探幽促,白首避煩多。
  眼下湖光耀,筆頭詩韻和。旗亭看箋紙,酒味好因何?

      山雨次金笠看山韻寄石倉秀樹

  一時山欲拔,四處雨交加。漸濕秋天路,初寒日暮家。
  墨痕不復矣,或在楚聲耶。趁霧窺玄豹,管中斑點斜。

      臥遊春夜山中泊次金笠看山韻寄夏凱 石倉秀樹

  夢想騎驢馬,花間興趣加。櫻雲撒香雪,蹊徑到山家。
  老叟仙人矣,濁醪雲液耶。醉聞鷄破曉,星滅月輪斜。

      徑山寺寄石倉秀樹

  高僧亦自閒,誦經方丈間。鬱鬱松何老,蕭蕭竹盡斑。
  疏鐘殘雪寺,孤枕斷雲山。對此心源淨,不須長閉關。

      邊秋歩『徑山寺』韻寄夏凱     石倉秀樹

  日照鏡湖閑,風光隔世間。蝉語皆鳴盡,波漣轉闌斑。
  夕暉依嶺岫,晩境念江山。千里官遊老,明朝過谷關。

-24-

      題梅花贈王燕

  美人囑我賦梅花,屏上題詩字跡斜。似此孤標難寫出,一枝清艷倚窗紗。

      題梅花贈王燕

  東君不識梅花面,誤作姑山處子看。天上紛紛裂玉帛,人間冰雪步珊珊。


      言 懷

  幾度翟門生碧苔,才逢白雀又飛來。纏綿還與燒心字,相思知從歷劫灰。
  別後清輝尚彈指,醒時花片不離腮。可憐柳眼俱青色,尋得春風特地回。

      閒 情

  乘興衔杯中聖明,吟余麗句繞江城。萬重煙柳藏身影,一片桃花忘姓名。
  計日蜂衙淑氣暖,經年蜗舍好風生。流連不覺歸來晚,只道青春倍有情。

      春日和金炳淵嶺南述懷次韻寄石倉秀樹

  當年落拓獨登臺,此日逢花次第開。江上青山如髪束,風中白鳥似箭來。
  一生詩膽吟千里,九曲愁腸進百杯。驛路衝衝馬蹄疾,故人相寄隴頭梅。

      歩『春日』韻寄夏凱      石倉秀樹

  冬宵醉夢上春臺,欣賞櫻花怒放開。石磴乘風香雪舞,旗亭迎客酒娘來。
  紅雲目下流千里,白首事前傾一杯。復醒寒齋見書案,詩箋插畫綻芳梅。

      江行寄石倉秀樹

  虛舟不繫離人岸,別是孤光與影分。近日浮空半天樹,連山橫臥一江雲。
  蒼蒼遠色渾如帳,漾漾漣漪忽成文。望斷平沙遺客鴈,暫來何必掠清濆。

      歩『江行』韻寄夏凱      石倉秀樹

  白頭消遣傾金盞,秋夜醉來從性分。夢想青天浮鳳舸,臥遊銀漢賞櫻雲。
  風中星散舞香雪,水上聲高裁韻文。幸伴繆斯磨古墨,欲將題壁立河濆。

-25-

(詞)
      迎新春

  月映孤山路,自暗香無人護。流淺仍清趣。落英了、餐多許。白衣分、風流欲舉。二十載、折去。梅花天數。漸實紅易蠹。清明筆、如來相遇。
  夜涼花語,水困雲愈。春引領,靜寒夢底廊廡。時傳鶴弈青絲影,正圍棋、黑白知否。在人間,局面無情千年悔。玲瓏也生樹。或倚光縷,紅日尤錯。

      戀芳春

  落花霑衣,水涼薄霧,浸潯清迥天街。坐愛飄零,一粒月色幽探。隱隱寒江石岸,憶素手、忽卷青簾。隨影轉、酒後生涯,怎又相信春蠶。
  千山細雨,織愁若夢,無情影抱,回首雲瞻。不過輕舟,往事也擬三三。念好相思豆晚,洞門掩、身逸行潛。然啼鳥、枝上驚風約違,斜草還添。

      浣溪沙

  莫道春風怨別離。青青一柳折枝時。不如風雨兩依依。
  暗泊孤舟吹玉笛。空彈明月理冰絲。可憐殘夢唱新詞。

      采桑子

  東風欲遣梨花白,玉蕊初垂。一別相思,多病還攜清影歸。
  人間不似當時夢,已負心期。涼月如斯,滿樹珍珠露氣微。



      詩俳同牀           今田 述

 夕月や納屋も厩も梅の影 内藤鳴雪(ないとうめいせつ)

 内藤鳴雪(一八四七~一九二六)は、伊予松山藩の上級武士内藤房之進の息子で子規の二十一歳年長である。江戸中屋敷で生まれ育ったが、十一歳のとき父の転勤で松山に移り藩校明倫館で漢学を学ぶ。翌年父が京都留守居役となると、ともに上京し芝居・寄席・義太夫等に親しむ。文久三年十七歳で幹部候補生として明倫館に寄宿、子規の母方の祖父大原武右衛門に漢詩を習う。武士として第二次長州征伐にも参加したが、武人と言うよりも文人だっ

-26-

たようだ。維新後昌平坂学問所に入り、松山に戻ると学区取締として小中学校の拡充に努め、県令岩村高俊に認められ三十三歳で文部省入り。一八九〇年参事官兼普通学務局勤務となった。子規の俳句活動とともに、「ホトトギス」に参加するようになる。子規も松山中学時代漢詩同人誌をやっていたから、大先輩とし尊敬していたらしい。
 梅は現代中国の国花である。日本へは奈良時代に輸入され、紀貫之の「花の色はうつりにけりないたずらにわが身世にふるながめせし間に」は、桜ではなく梅である。しかし中国でも唐代までは桃の花が主流で、梅が主流を掴むのは宋代である。ことに林逋が梅を詠んでから、「疎影」「横斜」「暗香」などの語は、それだけで梅を現すようになった。
 南宋のきようき姜夔 は詩文だけでなく、書画音楽など全ての藝術に通じた文人であった。彼は林逋の「暗香」の語を用いて詞を作った。詞は曲先詞後のポエムで、メロデイーが先に在りそれに合わせて詠む。しかし最初は作詞作曲を一緒に作った人がいる。この「暗香」はまさに姜夔が自らの作詞作曲で、従って暗香は詞牌でもある。

  暗香 暗香 姜夔(きようき)

 舊時月色 旧時の月色
 算幾番照我 おも算うに 幾番か我を照らしぬ
 梅邊吹笛 梅辺に笛を吹き
 喚起玉人 玉人を喚起し
 不管清寒與攀摘 清寒にかかわ管らずとも與にはんてき攀摘せしむ
 何遜而今漸老 かそん何遜 今や漸く老い
 都忘卻 春風詞筆 す都べて春風の詞筆を忘却せり
 但怪得 竹外疎花 た但だ怪しみ得たり 竹外の疎花
 香冷入瑤席 香冷やかにしてようせき瑤席に入るを

 詞は大方、前段・後段の二部構成になっている。ここでは前段だけで、後段を省略した。だがこれだけでも、いかに姜夔が柔軟な文人だったか解る。昔若い頃は月の下、梅の側で笛を吹き、美人を清寒に呼んで手折らせたこともあった。しかし今や老いた私は、当時の詞も忘れてしまった。ただ竹林の彼方から梅の香が冷ややかに席へ入るのを感じている。詞は詩にくらべて自由で優雅だ。それだけに文人としての優れた資質を要求される。わが国で詞を書ける人が殆どいないのも、文化への関わりが断片的で、文人としての素質が不足しているからだろう。

-27-
[PR]
by kanshiriun | 2015-02-24 17:21 | 2015年2月号