カテゴリ:2010年1月号( 2 )

梨雲 2010年1月号 no.106 1/2

2010.1月


             謹賀新年


詩詞

      喜新年庚寅           千葉県 秋葉暁風

  迎喜初春是否鐘?清音穢土響心胸。三元合掌初陽上,庶幾庚寅望青松。


      庚寅新正口占          千葉県 田 旭翠

  黄橙為膾賀新春,草卛磐餐却近真。七秩加三尚長健,椒花杯上愛温醇。


      新年作             千葉県 高橋香雪

  東風万里入佳辰,淑酒一杯感更新。黄髪古希身尚健,逍遙陋巷再逢春。


      庚寅新年            埼玉県 塚越杉水

  平成未到廿三年,華髪疎疎玉案前。勿笑庚寅生計拙,来春鬼齎錦屏眠。


      新春偶感           神奈川県 高橋子沖

  晴光迥入朱門静,淑気先回小院香。竹裏花飛紅有焔,林辺鳥声淡生祥。
  乾坤不変放鞭炮,人間無常酔玉觴。宇宙開発争先覩,親朋書信俗情忘。

      新春自懐           神奈川県 高橋子沖

  鐘音離旧暦,万戸入佳辰。白雪江山麗,陽光草木新。
  紅顔千載寿,白首幾番春。世路空逝水,窮途筆硯親。

-1-

       七絶・迎接庚寅年所懷:老爲詩鬼,虎口抜牙
                       東京都 石倉鮟鱇

  虎頭蛇尾壽猶長,口吻生花浮酒觴。拔樹撼山詩鬼似,牙牙學語入霞光。
      (注)虎頭蛇尾:始めは声勢さかんで,先細りであること。
         口吻生花:談吐文雅であること。
         抜樹撼山:樹を抜き,山を動かすほどに声勢さかんであること。
         牙牙學語:嬰兒がヤアヤアと大人の言葉を学ぶこと。
         虎口抜牙:虎の口の中で牙を抜くこと。極めて危険の喩え。


       曄歌・迎 春          埼玉県 松本杏花

   堂満春,立志三元,気自純。



          寓意偶題


詩詞


      中山逍雀先生完成作詩講座三巻。讃之。 千葉県 今田莵庵

  扶桑詩社賞名詩,不説謳多作法枝。逍雀三巻論作法,騒人無数解愁眉。
  厨師得鳥雖烹肉,薪炭無炉何去飢。中国詩壇嘉偉業,一衣帯水趣相随。

      歳晩偶感               東京都 田村星舟

  片雲姑不動,難掃裡中塵。林下無啼鳥,枯池不映人。
  年年吟可老,日日笑堪貧。唯恃淸風起,斷然世事新。

-2-

             山川覽勝

詩詞

    連続名城・城址  古詩新韵      東京都 池田耕堂

      青葉城址         宮城県仙台市

  “仙台”街路緑陰繁,“広瀬川”畔風景鮮。昔時角櫓聳随処,豪奢楼殿城郭連。
  屡遭災害咸壊滅,藩祖廟社逃厄難。今唯門櫓爲復旧,“政宗”銅像睚一天。
  “伊達”気質好華美,七夕竿飾常闘妍。
     (注)政宗:藩祖伊達政宗

      八王子城址        八王子市元八王子町

 多摩群嶂緑林繁,険阻辺塞如接天。石濠重畳阻行客,景勝遺構為草原。
 “豊臣”大軍攻堅塁,“北條”兵士空此殫。沿渓神社鎮忠志,秋冷時節紅葉鮮。

      牛込神社(光照寺)    新宿区袋町

 外濠極目満桜雲,“神楽坂”上歓楽春。戦国時代漸終結,城塞廃棄為梵林。
 “親藩”佛閣記風雪,歴代高墓驚客魂。幾多文人愛茲地,花街情緒今尚存。
     (注)親藩:四国松山藩久松家。文人:夏目漱石・森鴎外・尾崎紅葉他。 

      北庄城址(柴田神社)   福井県福井市

 “越前”古都風景清,罹災修復幽趣濃。昔時高楼儼然聳,壮大濠櫓天下轟。
 “豊臣”軍勢攻北陸,“勝家”夫婦殂共城。今唯“双像”建遺構,誰知往古竜虎争。
     (注)双像:柴田勝家・於市の方の銅像。

      大野城          福井県大野市

 群峰囲邑緑林稠,桜花朝市招旅游。峻山中腹古祠鎮,復元天守臨断邱。
 整然城下似京洛,静閑閭巷風物幽。何年要衝化辺境か人口減少生暗愁。

-3-

    旅遊“古今傳授的里”于岐阜縣郡上郡  東京都 田村星舟

  清流滾滾幾千年,樹葉染紅帶暮烟。八代盛榮如駒隙,深秋城蹟別開天。


      身延山              神奈川県 高橋子沖

       一 身延山偶感 

  峭立深山碧,鼓声響樹陰。法華偲教祖,人世古猶今。

       二 身延山久遠寺

  秋末訪身延,法堂静寂完。開山努伝教,教祖想尊顔。 

       三 身延山久遠寺 

  寺院伽藍白雲周,鼓声十里四山流。信徒不絶感無限,古塔清幽七百秋。



          親朋純情


詩詞

      義兄之魂魄           千葉県 秋葉暁風

  蕭条汀渚那邊尋?如喊如哭風水音。何有玲瓏漂泊者?波華飛舞上衣襟。

      義兄安否            千葉県 秋葉暁風

  處處而今安在哉,眷属懇求寿域開。“南無釈迦牟尼佛”,陰間關門請逐回。

-4-

      因爲“富田文絵嬢”俄赴任香港感激作詩 千葉県 今田莵庵

  深秋集讃麗君慶,偶会嬋娟帰化娘。生誕漢土長上海,伴随父母來扶桑。
  畢業勉学稲門舎,将就辛労証券商。俄赴香港千里別,曾聴雅韵未難忘。


      七絶・法王飛(鶴頭格)     東京都 石倉鮟鱇

  夏日法王翻袖飛,石人驚愕落觴杯。番番鼓翼擅前路,矢志將穿新旭輝。


短詩

      漢俳・看竹浪明先生“猫展”有感作一首鶴頭格題竹林猫
                      東京都 石倉鮟鱇
  竹林猫韻士,浪漫風懷擅花事。明眸映時世。

  竹林韻士愛花猫,浪漫風懷游四郊。春賞櫻雲秋烟火,明眸時映羽人巣。

      四七令・通文達藝        東京都 石倉鮟鱇

  詩虎通文,酒龍達藝擅吟魂。

      四七令・藝高胆大        東京都 石倉鮟鱇

  酒虎藝高,詩龍胆大詠懷豪。

      四七令・餐腥啄腐        東京都 石倉鮟鱇

  酒虎餐腥,詩龍啄腐更飛聲。

      偲歌・百歳千秋         東京都 石倉鮟鱇

  詩龍百歳,酒客千秋。美意延年傳勝游。
-5-
             愛慕情絲


詩詞

      祝賀父母傘寿          埼玉県 塚越杉水

  人生八十近来餘,双鳳同乗操快車。只願仙顔長不老,蘭孫孝子守蓬居。


    長慕詩魔吟得三萬首詩詞       東京都 石倉鮟鱇

      調寄舞馬詞

  聽順詩魔下命,揮毫力戰連天。十載裁詩三萬,白頭跨馬凱旋。

      調寄回波樂

  霞漿滿杯千鍾,吟翁戀慕唇紅。三萬首詩無效,烏伴彩鳳乘風。

      調寄南歌子

  一夢千鍾酒,千篇一律詩。偶題三萬首虚實,長慕繆斯翻袖作書痴。

      調寄烏夜啼

  緑酒常盈玉盞,白首戀慕詩魔。醉輕世路揮禿筆,朱臉喜高歌。
  月照玉容妖蠱,花飛天候温和。四時三萬華辭好,夢境養沈痾。

      調寄望海潮

  十年空夢,千鍾美酒,人留三萬華辭。春賞老櫻,如雲盛涌,隨風花舞遲遲,紅雪映金卮。競山鳥清囀,揮筆題詩,身似啼鶯,飛聲數里放吟時。
  夏天埀釣臨池,看魚游鏡水,蓮擅瓊姿。秋夜斷腸,人鰥月寡,愁聽蛩雨絲絲,不忍慕情馳。冩雪窗嘆氣,冬夜遙思,將寄情書阿意,稱讚鬼妻姿。

-6-

      調寄安公子

  飲盡千鍾酒,月中白首交紅友。乘興吟詩三萬首,正憐新依舊。曳杖入、櫻雲盛涌流春晝,傾盞仰、山月將秋痩。又夏天埀釣,冬夜遙思宇宙。
  浮想游魂叟,枕肱鼾睡貪長壽。夢化黄蝶飛碧落,向霞光燃岫。振翅問、桃源玉女翻長袖,舞花間、含笑招門口。喜美禄芳醇,醉翁夢中延壽。

      調寄萬年歡

  悦目櫻雲,誘閑官帶酒,醉臉游魂。紅雪乘風,黄鶯清囀酣春。時有天仙巧勸,學雅韻、宜作愁人。十年後、孤影花間,聳肩倚杖高吟。
  驕誇三萬首詩,擅冩景抒情,信口搖唇。天用樗材延壽,酒洗塵襟。仰看嫦娥皎皎,照光頭、夢想朱唇。眞遺憾、月寡人鰥,千里傷心。

      調寄玉胡蝶慢

  不顧菲才耽溺,千鍾美禄,三萬詩愁。春入櫻雲,花底傾盞悠悠,暫閑聽、黄鶯巧囀,試唱和,白首長留。望山頭,赤烏翕翼,銀兎如鉤。
  風柔,夏天浮舸,湖心埀釣,終日無憂。帶酒鼾眠,夢蝶振羽醒金秋。仰嫦娥、人鰥月寡,吟俳句、言短情稠。競猿猴,飛聲冬夜,破曉清幽。

      調寄鳳凰台上憶吹簫

(体一95字)
  酒虎傾杯,詩龍揮筆,風流韻事無涯。夢楚樓酣宴,秦館喫茶,人枕閑肱午睡,逢仙女、玉貌如花。妖魔笑、將誑散士,退隱山家。
  閑暇,正堪自遣,伴百斗醇醪,三萬詞華。想半生功譽,晩境瘡痂,傷感天愁地慘,依窗戸,目送歸鴉。金秋暮、白頭仰瞻,嶺上紅霞。

(体二97字)
  十載閑居,千鍾美酒,醉吟三萬詞華。明月照、光頭雅健,禿筆堪拿。夢想春游冩景,櫻雲涌、悦目山崖。競鶯囀、飛聲放唱,得句驕誇。
  秋夕赤烏沈處,逢湖岸,詩魔玉貌生花。暫對飲、風流有意,韻事無涯。乘興彈琴酬和,漂水心、共坐仙槎。午眠醒、西窗嶺上紅霞。

-7-


短詩

      四七令・牛衣歳月        東京都 石倉鮟鱇

  偕老同穴,牛衣歳月兩胡蝶。

      五七令・虎口逃生        東京都 石倉鮟鱇

  花容陪醉翁,虎口逃生歸二更。



        社会生活・時事風刺


詩詞

      掃公園(前對格)        神奈川県 萩原艸禾

  紅葉飛飛斜照下, 白頭掃掃小園中。淡濃猶未成堆処, 樹樹逆人散錦楓。

      歳末偶感(全對格)       神奈川県 萩原艸禾

  三世南邦初雪圧, 百年北国始炎蒸。人為貪婪因銭会, 天象無情袖手憑。

      七絶・革旧鼎新         東京都 石倉鮟鱇

  革旧鼎新剥自由,平成政變有誰憂。哀鴻滿路青年苦,長年失政害八州。

      七絶・旧瓶新酒         東京都 石倉鮟鱇

  人競七言絶句多,千篇一律詠山河。旧瓶新酒終酸敗,編者讀詩降睡魔。

      春曉曲・詩徒迷世路       東京都 石倉鮟鱇

  千鍾美酒洗腸肚,夢乗風,人入霧。鳳雛麟子作詩徒,探風光頻迷世路。
-8-

      烏夜啼・巨星墜         東京都 石倉鮟鱇

  散士無端空想,巨星不耐肥胖。塵間數代留榮譽,秋夜墜黄泉。
  天意憐新厭舊,詩人恐后争先。門徒掃墓皆追慕,悼念競花言。

      阮郎歸・吟詩三萬首       東京都 石倉鮟鱇

  散人無恙老迷宮,官途過夢中。十年傾酒一千鍾,裁詩三萬功。
  雲液緑,蠹虫紅,醉來將盡忠。繆斯含笑命凡庸,飛聲競晩蛩。


      浣溪沙・吟詩三萬首       東京都 石倉鮟鱇

  庫吏挂冠爲酒仙。昭和多難二十年,平成無恙一安閑。
  傷目哀鴻鳴陋巷,揮毫老骨坐秋天。蘊藏三萬首詩箋。

      攤破浣溪沙・吟詩三萬首     東京都 石倉鮟鱇

  飲酒千鍾輕世途,揮毫十載作詩徒。三萬華辭成歳暮,醉顏朱。
  不顧哀鴻鳴陋巷,獨佯雅客坐蝸廬。如此平成無恙處,太白浮。

      喜遷鶯・吟詩三萬首       東京都 石倉鮟鱇

  憶昭和,多波浪,汗血到平成。廿年無事有吟翁,揮筆擅飛聲。
  酒千鍾,詩三萬,不顧哀鴻叫喚。老佯韻士探風光,勝地擧霞觴。


短詩

      偲歌・靈前守夜         東京都 石倉鮟鱇

  傾盞談天,抱壺説地。守夜靈前,數時弊。

  白首三人共悼傷,靈前懷舊伴杯觴。談天守夜數時弊,説地安魂洗酒腸。

-9-

      四七令・十一首         東京都 石倉鮟鱇

  天空海闊,人間到處困生活。

  辯才無碍,口若懸河生水害。

  国破投戈,復興講藝醉徒多。

  笙磬同音,門下千篇一律吟。

  美意延年,苦心積慮數閑錢。

  歳寒三友,繆斯噴嚏隣詩叟。

  歳寒松柏,人勤求句才難改。

  歳豐年稔,愁人未就詩堪撰。

  千歳鶴歸,民衆戒烟無酒杯。

  一歳九遷,官階有限竟登仙。

  勝地天差,美酒地別生眼花。


      漢俳・六 首          東京都 石倉鮟鱇

  巨匠近棺材。天意喜新埋鬼怪,厭舊愛奇才。

  詩國有暗君。萬衆鼎新焚舊賦,革故鼓吟魂。

  玉液涌靈泉。騷客樂新傾酒盞,厭舊破詩箋。

  十年凡句多。愁客呼天投酒盞,喚地罵詩魔。

  詩魔翻袖飛。花貌迎新少年喜,棄舊老人悲。

  才媛擅花春。醉臉喜新迎海賈,厭舊棄詩人。

-10-
          閑雅逸俗


詩詞


      春日雜詠            東京都 田村星舟

  白白花開處,今朝興趣眞。梅姿看欲盡,鶯語聽猶新。
  狗戲兒童喜,魚跳鳥雀馴。偏希平穩世,閑適故山春。


      晩秋初冬            神奈川県 高橋子沖 

  田園散策四山蒼,柑橘南天映淡光。季節不欺听鳥囀,人生夢裏独彷徨。 


    偸閑十二年吟得三萬首詩詞      東京都 石倉鮟鱇

      調寄凭闌人

  美酒千鍾洗硯池,筆底生花人老時。醉吟三萬詩,長生百歳痴。

      調寄花非花

  詩非詩,酒非酒,筆嗜眠,才夢走。眠因飲酒一千鍾,走似飛聲三萬首。

      調寄憶王孫

  千鍾美酒洗人才,三萬華辭生冷齋。老骨山居養詠懷,坐棺材,搖吻飛聲未被埋。

      調寄[双調]風入松

  放吟三萬首詩詞,人似馬長嘶。老學韵事輕塵世,賣藏書、笑買金卮。飲酒千鍾乘勢,流涎筆底華辭。

-11-
      調寄月中行

  散官乞骨去公衙,裁賦老山家。揮毫春晝賞櫻花,秋夜憶生涯。
  千鍾雲液流仙境,人不厭、尚欲餐霞。吟得三萬首詩華,多少句堪誇?

      調寄滿庭芳

  久歩官途,數迷世路,白頭乞骨公衙。初學清韻,無恙坐山家。曳杖櫻雲涌處,競鶯囀、吟似昏鴉。玩江月,金秋裁賦,得句正堪誇。
  閑暇,催自遣,愁人飲酒,蝶夢無涯。見大鵬張翼,老骨餐霞。莫道風流有罪,人延壽、筆底生花。靈泉涌,千鍾雲液,三萬首詞華。

      調寄鶯啼序

  騷人好學韻事,買千鍾美酒,盈玉盞、洗盡塵胸,醉揮禿筆乘勢。十二歳、寒齋夢想,雄才大略鴻鵠志。正大鵬張翼,隨風萬里飛逝。
  春賞櫻雲,碧空紅雪,化胡蝶振翅。傾午酒、游目山光,片時裁賦三四。競啼鶯、聲高巧囀,搖唇吻、放歌狂恣。夏天長、埀釣山湖,無端生痔。
  秋聽蛩雨,獨啜濁醪,愁知年月駛。回憶處、無功受禄,棄道依術,賣友求榮,飾言阿世。城狐集黨,社鼠成群,重財輕義貪公益,養家族、容貌眞相似。披襟懺悔,仰看皎皎嫦娥,淋浴銀波知恥。
  黯然嘆氣,轉換心情,漸假装高士。坐淨案、排非求是,触目傷心,積善成德,憂國起誓。詩魔有意,彈琴陪侍。華辭盛涌錦嚢破,染紅箋,香墨生金字。冬得三萬詩詞,鐘語殷殷,老殘食柿。

      調寄六州歌頭

  人無譽聞,晩境有清游。傾緑酒,交紅友,坐金秋,擧白頭。靈液洗塵垢,滲肌肉,風入袖,雲涌岫,聲出口,筆如流。十與二年,裁賦隨風走,探勝尋幽。擅千鍾美禄,三萬首詩愁,曳杖邊州,喜花稠。
  愛山河秀,詞華就,常厭舊,數圖謀。言引咎,時運救,裸身留,句堪求。草宿餐霞痩,未衰朽,坐浮舟。爲釣叟,看水皺,仰天球。曠望江湖,樗散存長壽,景入雙眸。暫聳肩搖吻,韻事借鶯喉,放唱悠悠。

-12-

      調寄高陽臺

  回憶生涯,我無譽聞,茅庵只有金卮。春入櫻雲,花間醉紡情絲,喜風拂面頻搖吻,競啼鶯、將試英資。又埀綸、消夏浮舟,案句隨時。
  錦秋銀兎隣吟叟,似殘蛩愁語,老驥長嘶。美禄千鍾,妄言三萬詩詞。玄冬磨墨揮刀筆,斬妖魔、假冒繆斯。首級飛,血滿星河,月落天池。

      調寄一叢花

  人無譽聞有山家,四季景光佳。青春悦目櫻雲涌,競鶯吟、求句餐霞。朱夏浮舟,白頭埀釣,湖上擅餘暇。
  金秋夕暮抱琵琶,低唱送歸鴉。玄冬灯下凌寒酒,使田翁,回憶生涯。百歳孤獨,千鍾靈液,三萬首詞華。


短詩


      曄歌・五 首          東京都 田村星舟

   尚天涯。鐘聲百八,夢相追。

   淺水涯。梅花點點,帶雪開。

   雪後梅。淸風習習,上南枝。

   數花明。麗日流鶯,殘一聲。

   詩思淸。梅樹新鶯,悦耳鳴。

      俳句與七言二句         東京都 田村星舟

   晴れ着きて野良着休むる小正月
   農婦盛裝祝元宵,暫時休息勞動服。

-13-

      冬花三題            千葉県 高橋香雪

  海天紅。山磴“水仙”,待春風。

  一枝香。雪後梅花,淡淡粧。

  帯寒暉。疎影薔薇,人跡稀。


      曄歌・五 首          埼玉県 塚越杉水

  一燈寒。書斎電脳, 夜又闌。

  瓦上霜。蕭蕭景物,無尽蔵。

  積雪深。読書三更,冷透襟。

  逼歳除。双管斉下,掃閑居。

  俗塵中,水深火熱,待春風。

      漢俳・五 首          東京都 石倉鮟鱇

  小便澗溪春。得句清新如碧水,俊逸若白雲。

  眼前人面花。愁客驚心落詩筆,裂胆忘詞華。

  青蠅睡白璧。夢裡花天傾玉杯,酒池揮詩筆。

  詩中解語花。酒美天旋人落馬,地轉骨歸家。

  邊秋無酒家。人坐寂天懷吏道,寞地悔生涯。

      偲歌・積歳累月         東京都 石倉鮟鱇

  傾杯積歳,吟詩累月。人常酣醉,滿頭雪。

-14-
[PR]
by kanshiriun | 2012-11-18 13:46 | 2010年1月号

梨雲 2010年1月号 no.106 2/2

          鳴鴻渡海


詩詞


      賀日本太空貨運飛船発射成功   湖南省 寥巨源先生

  太空貨運始扶桑,火箭升空赤焔張。從此飛船游廣宇,東瀛風韵豈尋常。

      社会怪胎            湖南省 寥巨源先生

 “盛世茅臺”天價烟,時逢國慶競争先。“富人消費”君休間,送禮機關別有天。

      瞻仰劉少奇主席銅像       湖南省 寥巨源先生

  衡岳雲蒸氣勢雄,洞庭波涌駕長風。○山木秀鍾英傑,□水花明起蟄龍。 
  少志遠謀恢禹甸,奇才偉略壮蒼穹。花明樓上千重錦,“六字”沈冤化彩虹。
       ○;水+爲 U+6F59 □;革+斤 U9773


      慶呂君四五歳生日        吉林省 景暁峰先生

  伊水霊山有賢人,填詞作賦卓不羣。芙蓉清水露美貌,刀研斧鑒了無痕。

        其二

  時節如流歳月裕,四十五載執同途。吟詩作對楽相趣,不聞功名與権庶。

  又一副聯
   青春不在春長在;歳月無情月有情。

-15-

      賀子榮四十五歳生日       吉林省 魏宏斌先生

        其一

  年輪四五目當空,松柏葱蘢季季青。文海○徨称後傑,詩山信歩誉才名。
  大鵬展翼嘯天宇,羣鳥放喉酬和聲。君舞丹青堪作畫,濃情重彩繪人生。
       ○;U+5F9C

        其二

  學高八斗人欽啓,徳厚名揚不倨功。詩架誼橋域外連,賦飄友帯海峡通。
  蓮花一吐折丹桂,文友廣交論道精。不惑之年當不惑,春光不語伴君行。

  又聯二副
  引吭高唱開寰頌,頌薫頌國頌民頌江山;
  激情放歌揮毫寫,寫詩寫詞寫賦寫人生。

  呂郎子孝妻賢家庭和美,實爲人生幸事;
  齋柴詩精又富才名嚮誉,眞乃桑梓栄光。
     注;呂子榮称筆名齋柴。


      七言律詩四首録二首       遼寧省 陳世健先生

        中日友好新短詩交流会欽得

  牡丹江市金陽照,中日交流藝境高。佳對賀聯酬盛會,短詩宏論領新潮。
  恩公授奨星光燦,美女飛歌月食嬌。清酒怡人心志進,千秋大業架虹橋。

        日本友人暢游鏡泊湖

  重游堰塞鏡泊湖,放眼豪艇氣概殊。窗外青山街前日,庁中墨筆画宏闍。
  吟師雅賞清平楽,導友相知黙契舒。誰挙鏡頭低個償,日中和睦笑蒼梧。

-16-

      詩 五首            四川省 哀震川先生

      水 仙

  不愛塵埃愛水郷,金盤玉盤濯冠黄。慢言窈窕嬌無骨,蘭質蕋質○骨香。
                       ○;女+毘 U+5AB2

      野 菊

  怡情眷眷恋清秋,痩体臨風奪○頭。不屈霜華誰與匹,無花楓葉也知羞。
  ○;爿+犬

      夜 思

  雨是風非不屑栽,世酬詩債両抛開。討嫌多事臨窗月,又送相思入夢來。

      山中茶寮

  鳥語天音合,林濤律韵分。高山閒不在,爲我理浮雲。

      五指山桃花

  梓水南來鳳嶺東,瀰江側畔火焚空。誰家燕剪春光落,散落枝頭樹樹紅。


      海瑞祠             浙江省 徐中秋先生

         一

  萬頃蒼波聳一祠,焚香拜送憶當時。民心自會分清濁,居位諸侯可熟思。

         二

  莫道湖波今日閑,当年挙国巻狂瀾。峰剛先惹○風折,一説清管心胆寒。
                      ○;U+7F61

-17-
      乗快艇游千島湖         浙江省 徐中秋先生

  犁砕瓊田玉屑飛,絲絲涼意入胸扉。眼前圖画画中我,松下横舟上翠微。

      梅峰観島

         一

  四囲山色緑朦朧,十万青螺碧水中。覓食凌波飛白鷺,翠湾轉出画船紅。

         二

  遠山淡淡水濛濛,観景臺頭数碧峰。千島湖水天亦醉,算陽染得暮雲紅。

      千島湖

  萬頃瑶池水,清波越女睛。四囲山色里,猶抹夕輝明。

      神龍島
    千島湖蛇島,美其名曰;神龍島。故諷之。

  怪事人間出不窮,毒蛇此日変神龍。未知臺上纓冠客,眞箇眞身是杰雄?


    望身樓・同韵和玉琳兄《嚴子陵釣臺》 浙江省 徐中秋先生

         一

  自有君恩栄此身,羊裘蔽体不愁貧。臺高千尺顕人眼,爾道江隅眞釣鱗。

         二

  富春水色可怡神,秀竹茂林亦酔人。若是高名垂萬古,管它朝政與黎民。

         三

  寒江釣雪○無塵,勛業千秋出渭濱。借問富春嚴處士,垂論爾算與誰隣。
      ○;U+6D01
-18-
      日本遺孤訪華代表団       江蘇省 陸長嘯先生

  日本遺孤到,中華“父母”珍。感恩排濁浪,中日一家親。
     注;中国抗日期間収養日本遺孤的養父母到機場歓迎,擁抱,對泣,
       場面動人。

      水調歌頭・初讀《風之歌》    江蘇省 陸長嘯先生

  電脳引風雅,詩友挙霞觴。時空超越彊界,才気韵宮商。何惧高空朔北,我伴《風之歌》去,詩國可○(皐+羽 7FFA)翔。君韵歩“香港”,美刺洒城郷。
  師貢老,和王律,染遐荒。詩情横逸,與時倶進“雅評”揚。百韵三吟游旅,夏日閑情酣飲,茶酒潤華章。明月清姿美,捧日頌炎皇。
    注;《風之歌》既是詩詞的書名:風之歌又是王廣華詩友的兩名。

      已丑重陽訪老友張一飛詩兄    江蘇省 陸長嘯先生

  天高氣爽過重陽,長嘯從游許陸荘。電網縦横民楽業,紅墻別墅富秋光。
  當今詩叟神情厚,幾代家人待客香。望九温良人固拜,期頤茶寿再趨堂。


短詩

     漢俳・謹贈日本友人松本杏花女士  吉林省 呂子榮先生

  才麗牡丹江,人面春風識杏花,詩苑一奇花。

  松本一霊支,佳章美酒酔吟癡,萬里結相知。

     漢俳・謹贈京華忘年詩友高勇前輩  吉林省 呂子榮先生

  正気沖霽外,故主遺風今尚在,不共滄桑改。

  大徳結芳隣,歳月悠悠多少春,喜我拈蘭馨。

-19-
       漢詩詞創作講座 国際文化交流
                          中山逍雀

 どの様な方法でどうすればよいか?この様な課題は、筆者にも確たる方法があるわけではない。依って自分の経験を述べてその任を逃れる。

 私は大きな野望を持っていた訳ではないし、今も持っていない。人生経過の一つである。漢詩詞が特別に好きだった訳ではない。偶偶、漢詩詞に手を染めた迄である。

 漢詩詞に手を染めたのだから、中国方々と友好が築ければ幸いと思った。私は農民の出身であったし、肉体労働と土が好きであったから、好んで肉体労働と山野に縁の有る仕事に就いた。

 だから、狩猟民族より農耕民族の方が、何となく私には違和感がないのである。この様な漠然とした理由から、詩歌を橋梁に中国人との間で詩歌の文化交流をすることとなった。

 其れには、先ず、漢民族に通用する作品を作れなければならない。漢詩詞を学ぶには、次のようにした。先ず日本では、日本の漢詩壇に教えを請い、日本の書籍を読み、此は数年で完了した。此で習得した句法詩法は概ね六割である。

 日本での知識取得が頭打ちなので、中国の漢詩詞壇に投稿して、先方の知遇を得て、句法詩法の教えを請うた。それでも殆ど知り得たという感触はなかったが、此で概ね八割の詩法句法を習得したと自負した。

 詩人は詩法句法に精通しているわけではない。詩人とは作品が巧くて、自己顕示の方法に長けている人である。
 詩詞の専門家は知識は豊富だが、作品が巧みとは限らない。自己顕示に長けているとは限らない。
詩人が頭打ちなら、中国の国文学者に尋ねる事とする。中国の詩友に、漢詩詞専門家の紹介を数次申し入れた。数人の国文学教授を紹介され、あと二割の疑問点を質問し補追した。此で殆どの漢詩詞句法詩法は習得した。

 惜しいことに、中国は日本と違い、近年の共産党革命と文化大革命に由る焚書坑儒で、多くの文化人が混乱の犠牲になった。

-20-
 運良く殺戮を免れた人は少なく、また多くの文化資料が灰燼と化した。彼ら大学教授は私が知遇を得た当時、既に高齢だったので、現在は死亡或いは老境に到っている。

 漢詩詞交流の方法は、先ず歩韵作品の応酬である。毎月五十通あまりの手紙が来たので、その殆どに歩韵して返信した。

 中国から作品或いは書籍などが寄せられた場合は、先ず葉書で受け取った旨の返事を出す。次に作品が梨雲に掲載されたときは梨雲を、WaveSightに掲載したときはSightの写しを、先方に送っている。

 對日本人、對中国人、何れでも同じ事だが、自分がどの様に看られているのか?は、重要な関心事である。
 返事が来ない!音沙汰無し!は、余程軽く看られているか、或いは余程傲慢な人だ!と判断した。書籍などを送っても音沙汰無しは、此方を余程バカにした傲慢な相手と判断した。

 對中国人への手紙は、此方が余程桁外れな人に出した場合は別としても、殆どの人は、一介無名他国の凡夫に対して、必ず返事をくれる。詩の嗜みの有る人ならば、殆どの人が応酬作品を書いてくれる。

 次に面談交流である。中国各地の詩詞壇から、個人として研究討論会への出席要請が来たので、怖い者知らずで個人で数回は出席した。

 関西方面の漢詩壇や詩吟会や俳句や短歌・・・・などの文化団体は、上海で文化交流会を開催する事が多かった。然し北京で漢詩詞壇が交流会を開催することは、日中友好漢詩協会棚橋篁峰氏の他に居なかった。

 上海からは、吟社と吟社での、交流会開催が提案されて居たが、此は承諾せず、北京で交流会を開催した。何故に北京か、と謂えば、上海は経済都市で、北京は政治と文化の都市だからである。

 作品応酬の相手先は中国本土と世界各地の架橋とで、多いときは四百人近くいたが、年を重ねる毎に次々と、死亡若しくは老境に入ってしまった。自分の年齢経過も考えて、新規の追加をしていないので、減る一方である。

-21-
 交流相手の継承は、紹介状を出しても、引き継ぎ人が余程誠意を以て対応しないと、定着はしない。中国人は相手の人となりを重んじ、個人対個人の関係で、肩書きは表向きだけで、本質的には余り役立たない。

 中国人から看て、日本人を次のように謂われたことがある。日本人は権威主義で、相手の肩書きを重んじ、個人の資質を重んじない。中国人は相手の資質を重んじ、相手の肩書きを重んじない。

 漢民族には永い詩歌の歴史があるが、十億人が創作できる訳ではない。型に嵌めれば程ほどに作品が創れる事が、定型としての特徴でもあり、本来の姿でもある。然し、長い年月に渉って洗練された結果、高度で緻密に成りすぎた。その結果、却って難しく成ってしまった。

 中国政府は国民の文化向上の爲に、自由詩を提唱したが、自由詩は自由であるが爲に、却って難しい。定型は定型であるが爲に、本来は却って易しいのである。
 私はこの利点を生かし、易しい定型の提唱は、詩歌普及に有効な手段と知り、新しい詩歌の種を撒いた。そして平成生まれの新しい詩歌に、日本と中華と言う意味で「曄歌」と命名した。名前と、定型の利便性と、詩法の未熟さが幸いして、どうやら根付いたようである。


余談 
 私に執って漢詩詞は理路整然としていて、「感性」などの言葉で云われる処の、後學者には理解しにくい、朦朧の部分が少ないのが幸いである。

 漢詩詞について、ちょっと聴いただけでも知っていると言う人も居るし、読んだだけで知っていると言う人も居る。

 本当の知識は、聞いた話でも読んだ話でもない。読んだり聴いたりしただけでは駄目で、少なくとも一度は自分で再確認してみることだ。
 再確認の方法として、白黒付くまで創ってみることだ。そこで自分の理解が、出来るのか、出来ないのかが、解る。

 再確認して納得が出来たら、初めて大手を振って自分の知識である!と言える。又、分からない!不確実!とも言える。
-22-

 知っているとは、知識が理路整然としていて、知っている事と、知らない事をはっきり弁えている事だ。

 自分自身の現実を知っていれば、どの様な場面に遭遇しても臆することなく、自信がもてる。

 知識は追加すればよいのだから、総てを知る必要はない。知っていることと知らないことの判別が重要である。


12月号補追 創作法 楹聯 填詞

 楹聯は詩詞と句法は殆ど同じだが、楹聯だけに興味を抱く人もいる。律詩の要は對仗で、對仗は對聯を為している。ただ后に對仗だけを専ら用いた對聯を楹聯と喚ぶように成った。庁堂の前の柱を楹と謂い、楹柱に對聯を書き、此が楹聯である。

 古くからの言い伝えによると、春節の期、門前に一対の除邪去病、納瑞迎祥の木札を取り付けた。南朝《荊楚歳時記》に依ると、五行之精、能制百鬼の護符を仙木と謂って、《風俗通》に依れば、上古の時、神荼(魔除けの草)が有って、郁壘兄弟二人が虎退治をした。
 後の人は板を削って掲げた。板には、郁壘二人の像と魔除け草と、二人の名前を書いた。此は最も早い時期の門神で、その後、紙に書かれた門神を買ってきて、一人は白顔、一人は黒顔で、魔除け草は書かれていた。

 王安石《元日》詩に“爆竹聲中一夢除,春風送暖入屠蘇,千門萬戸瞳瞳日,総把新桃換舊符”この事から、北宋の時代には風俗習慣と成った。宋の《歳時廣記》には護符板上に聯語を書くのは五代后蜀の時代に開始されたと記載されている。五代后蜀主孟昶は蜀亡前一年(公元965年)年末護符板上に“新年納余慶,佳節賀長春”と書いた。

 對聯の創作は差ほど難しい事ではない。對仗が出来る人なら誰でも出来る。聯は概ね縦書きで、通常は出だしの句を右側に、続きの句を左側に掛ける事となる。右側の句を上聯と謂い、左側の句を下聯と言う。そして横書きにする場合、上聯を左側にして、句の境を「;」で区切り、下聯を右側に書く。
-23-

投稿の場合も、;で区切って書く。 上聯末字は仄字とする。下聯末字は平字とする。

    洞房聯

洞外桃花灼灼;房内淑女舞翩翩。
洞天福地春光好;房暖濃恩愛長。

    再婚聯

月缺月圓圓古月;人離人合合新人。
琴断一弦籬舊綫;簫吹二度奏新歌。

 詞を填詞とも云い、詞には詩には無い句法もあるが、殆どの句法は詩と同じである。ただ詞は詩とは異なった詩風で有る。

   鶯啼序  許久回故郷之二彼岸某日

初春草堂禿筆,欲説詩客意。
人解否、年少心傷,垢面私泣投地。
黄梁夢、紅飛紫散,薫風換景天将麗。
憾鬼神、尺素追懐,弊衣逃避。

半裂舊箋,一夜枕涙,恋野童鄙俚。
遡年月、迷入平原,風爽相跨鐵騎。
耀明珠、軽羅信歩,笑花貌、歓情安息。
砕幻壺,漸次貌消,寂然星歴。

故郷父母,陋巷家族,誰知我心秘。
茶換酒、遺棄羞耻,不數年齢,欲寫吾思,寄書可否?
青春意気,明眸麗質,江湖多歳相思語,趁幽期、閉眼寫佳麗。
近旁古刹,僧若会去黄泉,吾心欲托双鯉。

焚香始祖,更加一香,勿忘彼岸季。
弄詞句、寫天地誼,識陰陽情,君成嫩葩,我爲堅蔕。
香烟熄燼,星眸磨燼,窗前緑影如夢裏,怕吾心、座右存芳醴。
勿嗤老叟郷愁,悶悶一吟,半觴沈溺。

-24-
[PR]
by kanshiriun | 2012-11-18 13:44 | 2010年1月号