<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年2月号 no.127 1/3

         目  録


  恭賀新年                   1頁

  詞                        3頁

    迎春樂 迎新春 東風第一枝 生査子 浣渓沙
    喝火令 破陣子 蝶戀花 臨江仙 踏莎行 虞美人
    玉樓春 鷓鴣天 南歌子 惜分飛 憶秦娥 朝中措
    菩薩蠻 清平樂 卜算子 長相思 御街行 雨中花令
    梅香慢 暗香 早梅香 四犯剪梅花 雪梅香 早梅芳
    玉梅令 尋梅 一翦梅 梅花引 慶春時 洞天春
    青門飲 水龍吟 戀香衾 佳人醉 錦纏道 厭金杯

  詩

    五言律詩                10頁
    七言律詩                11
    五言絶句                14
    七言絶句                15
    排律・古詩                17

  旅情萬里
    世界紀行(西班牙)          18頁
    近畿探楓 古詩新韻         20

  現代短詩                  22頁

    曄歌 漢俳 自由律短詩

  随筆 詩に関しての偶感         25頁
     詩俳同牀(97)            27




    梨雲のページ  http://kanshiriun.exblog.jp/

         恭賀新年


     甲午巳新年柏梁体(先韻)   葛飾吟社
     平成26年1月11日於東京御茶ノ水

   茗溪雅会跨橋先   菟庵
   韻事春盤文字縁   杉水
   白酒閑吟花影鮮   冬扇
   千門無恙祝新年   耕堂
   嚴寒一月鳥聲賢   星舟
   入淺池頭煮石泉   暁風
   老妻温酒不言錢   旭翠
   黄髪雙栖倶耕田   艸禾
   佳人閑坐與詩仙   梨雲
   閑酌一杯夢亦圓   香雪
   春風淑氣滿中天   子沖
   馬上裁詩風韻全   鮟鱇


      賀甲午新年           神奈川県 萩原艸禾

  年頭雲散尽,茅屋望蒼穹。華髪温椒酒,禿頭酔太平。
  非無遊客夢,自有楽丹青。笑語明窓下,春盤和気充。


      祝賀新年            東京都 石塚梨雲

  瑞雲藹藹涌三元,詩客團坐作酒仙。翁嫗將裁柏梁體,高吟希望世途圓。

      甲午新年            埼玉県 秋葉暁風

  海上鱗鱗波浪耀,山頭奕奕瑞雲浮。身如融解迎初旭,欣喜春光淑氣流。

      新年作             埼玉県 秋葉暁風

  奈此去年一字難,祭詩龕底幾辛酸。宿望欲賦迎春日,何料繙書夢不安。

-1-

      賀年片寄李佩雲女士       千葉県 高橋香雪

  東風瑞氣早梅枝,閑酌一杯迎歳時。七旬黄髪身尚健,兩地交情感懷滋。


      甲午新正口宣          千葉県 田旭翠

       其一 改歳喜春柔

  憶昔春来事遠游,而今改歳喜春柔。春粧約略何防酔,草卒春盤白首酬。

       其二 唯妻更挙觴

  憶昔親朋会一堂,新正宴楽話偏長。如何嘉例拝年酒,慶会唯妻更挙觴。

       其三 恐看新暦日

  稚童正朔日如年,衰老歳華猶耐憐。清旦恐看新暦日,闇深欲暁未明天。

       其四 玉蕾点胭脂  

  耐寒苦雪尚堪為,梅樹春情那得知。公暦新正春未到,請看玉蕾点胭脂。


      甲午年頭恭賀新春 二首     東京都 石倉鮟鱇

  馬耳東風吹彼岸,樗翁醉夢醒清朝。千門萬戸迎新歳,一醉三元多酒豪。

  馬上看花詩有病,人間到處酒盈杯。元朝醉筆走何處?我醉欲眠蝶夢飛。

      迎新年             東京都 石倉鮟鱇

  茫茫思往事,夢醒老翁蘇。旭日昇東海,荊妻勸酒壺。
  暗香流草舎,淑氣滿江湖。院落梅紅綻,瓊姿立畫圖。

      迎新年             東京都 石倉鮟鱇

  老翁取暖煽冬扇,歳暮祭詩隣夏爐。刀筆十年生暗銹,鬼才一夜作凡夫。
  醒來悪夢傾椒酒,滌洗吟魂守古株。乘興揚揚磨醉墨,擬唐求句望前途。

-2-

      迎春樂・三元人後悔       東京都 石倉鮟鱇

  三元無恙人一醉,案年計、待天瑞。臥沙發、午枕閑肱睡。入悪夢、爲山鬼。
  浮苦海、前因後悔,重酒盞、低頭垂涙。醒起黄昏解渇,更啜醇醪美。

      迎新春・迎接甲午年所懷     東京都 石倉鮟鱇

  馬上看花老,更又迎春無恙,傾盞誇洪量。醉椒酒、貪虚妄,有樗翁、游魂夢想。未棄世、心願瀛寰晴朗。有事當破浪,求和睦、宜相謙讓。
  晩年閑靜,韵事清爽,禿筆走,錦箋好句高尚。山妻哂笑白頭喜,作詩堪、任意低唱。坐三元,何不飛聲吟豪放?期逃遁塵網,享受肴膳,壽長滋養。

      東風第一枝・迎接甲午年游香夢  東京都 石倉鮟鱇

  午夜鐘鳴,霜晨夢醒,更加馬齡新歳。千門萬戸迎春,萬語千言獻瑞。荊妻陪我,勸椒酒、洗滌腸胃。啜數杯、暫借紅顔,白首放心酣醉。
  試詩筆、欲舒心肺,志易挫、枕肱午睡。游魂道伴花容,愛人華妝盡美。梅林堪探,鶴歩入、紅雲如絵。已相誓、皆老同穴,翁嫗旅行連袂。


               詞


      生査子・荒城清月        神奈川県 萩原艸禾

  楼上酔顔紅,華宴和春盛。栄枯轉瞬中,蔓草惶松影。
  城頭剣盾輝,秋陣期軍令。一夢古苔埋,円月清光冷。

      浣渓沙・獨憶両友        神奈川県 萩原艸禾

  酒客蹉跎行歩危,旧交才子訃音悲。夙縁半世往時回。
  花下斟春交誼厚,楓前論史見識恢。獨憶両友夜鐘微。

      喝火令・兵諫亭懷古       上海 陳興

  石勒翻紅漆,今冬到驪山。絕岩隨處說西安。中正匿身存跡,遊客數人攀。
  兵諫亭前駐,山河可俯看。廣播猶自話當年。說起槍聲,說半夜驚弦。說臘月寒風裡,壁上一人蜷。

-3-

      詞 二十一首          千葉県 一地清愁

      破陣子・如今怕過年

  記起兒時冬日,小家齊賀新元。白雪窗花相映好,紅紙祈福錦字聯。童聲笑語甜。
  枕上悠悠一夢,不覺幾段雲煙。已是流年空恨晚,已是情懷不似前。如今怕過年。

      蝶戀花・如今筆下成吟草

  枝影西窗殘葉小。書案燈前,何似蝴蝶繞。箋上纖纖風弄巧,拈來可否博一笑。
  還記那年春尙早。有个多情,長倚闌干角。逝水流年無處討,如今筆下成吟草。

      臨江仙・旭日又如約

  曲曲闌干深處,層層各繫愁結。傷詞恨句滿庭階。春花從此落,眉月至今缺。
  不問世間風雨,願為塵外蝴蝶。忽覺香影枕邊斜。誰知原是夢,旭日又如約。

      踏莎行・來生願作無花草

  枝影淸淸,庭院小小。幾回夜半風聲擾。隔簾咫尺是紅塵,階前歲月焉能掃。
  郁色相宜,愁姿偏好。更從何處説煩惱。禪機若可度凡心,來生願作無花草。

      虞美人・何處有蓬萊

  小窗夜夜朦朧月,細影悄聲曳。閑來思緒暗縈回,人在燈前愁蹙兩蛾眉。
  紛紜世事今如許,拙筆焉能理。縱得佳句不開懷,試問紅塵何處有蓬萊。

      玉樓春・唯看窗前枝影碎

  各抱情懷難入睡,薄酒輕歌猶可醉。君題詩緒落千重,我寫鄉思生百倍。
  幾度憑闌花濺淚,舊事翻來多恨悔。紗燈消盡月淸明,唯看窗前枝影碎。

      鷓鴣天・卻怕桃花相對時

  人在紅塵夢語癡,功名到底繫空枝。幷非筆下詞箋舊,原是燈前淚眼濕。
  雲疏散,月紆遲。纖纖窗影若縈思。不愁小院西風冷,卻怕桃花相對時。

-4-

      南歌子・曾經小膽恨枝高

  東畔梅方綻,西邊雪尙飄。幾回寒夜夢春郊,最憶京城綠柳、萬千條。
  細細燈前數,輕輕筆下描。曾經小膽恨枝高,往日情思彎在、兩眉梢。

      惜分飛・歲華怎就無重復

  回看軒窗天將暮,虛影殘枝一束。幾陣淸寒入,緒絲沒个安排處。
  細説常向春風妒,花底來年如故。惟恨紅塵路,歲華怎就無重復?

      憶秦娥・酒邊絮語連聲錯

  銜愁坐,無風小葉悄然落。悄然落,樹枝缺處,月兒殘破。
  燈前舊憶眉間鎖,酒邊絮語連聲錯。連聲錯,那年青影,如今誰个。

      朝中措・又結曉夢黄粱

  萬千心緒對寒窗,薄酒半温香。杯淺新愁不醉,夜深舊恨綿長。
  殘箋澀筆,陳詞斷句,竟自成雙。幾个燈花穗影,又結曉夢黄粱。

      菩薩蠻・清愁印滿箋

  聞説未試人間苦,吟詞不在憑闌處。回首看花零,如何珠淚盈。
  一枝燈影裏,悄把塵縁記。提筆蘸流年,淸愁印滿箋。

      清平樂・明朝痩了誰人

  霏霏細雨,寒影燈窗裏。向壁茶煙飄幾縷,往事從何説起。
  斑斑歲月傷痕,行行小字芳心。紅淚珠花一點,明朝痩了誰人。

      卜算子・從此春傷透

  春早怕春歸,春晚思春袖。曾繫前緣第幾枝,自是心相扣。
  愁亦為春愁,瘦也因春瘦。誰把華年比作春,從此春傷透。

      卜算子・著筆輕輕踏

  吟又怎生吟,罷又何能罷。幾段温情幾段凉,幾段悄悄話。
  端硯墨花開,淚染香羅帕。寫到君心兩字時,著筆輕輕踏。

-5-

      浣溪沙・眼前遍地落花陰

  但恨軒窗小月昏,懨懨燈下作愁吟。東風百里我如塵。
  怕被流年添瘦骨,願由甘酒亂芳心。眼前遍地落花陰。

      浣溪沙・前縁也許是一身

  孤影寒香何必春,東風桃李不同門。闌邊只肯抱冬心。
  我自多愁憂紫陌,他當無意戀紅塵。前縁也許是一身。

      浣溪沙・那年那月落花衣

  凍雨凉凉檐下滴,晚來閑枕夢園西。何時能去寫春題。
  手指尙如拈細柳,鞋尖猶似帶香泥。那年那月落花衣。

      浣溪沙・舊書本裏憶丁香

  庭院無聲宵夜凉,添衣獨自向軒窗。閑時燈下愛思量。
  一對蛾眉情不淺,兩疊詩句意深長。舊書本裏憶丁香。

      長相思・枝由天上發

  説是花,不是花。六角銀蔆又似花,枝由天上發。
  長籬笆,短籬笆。繫戀梅竹寒友家,小庭處處插。

      長相思・新詞寫不晴

  怕東風,恨東風。吹落流年何處零,眉間疊幾層。
  雲一重,雨一重。我有塵心無所憑,新詞寫不晴。


      詞               東京都 石倉鮟鱇

      御街行・癸巳年底祭詩

  樗翁磨墨揮禿筆,却老裁詩喜。濃春曳杖入櫻雲,吟競鶯啼花底。夏天垂釣,秋宵玩月,冬曉無晨起。
  龍頭蛇尾失年計,歳暮聞香氣。金壺緑酒洗白頭,暫借紅顔得意。斷章摘句,游魂浮想,放唱誇才藝。

-6-

      雨中花令・雨中紅一點

  孤影無言打傘,正是雨中紅點。顧歩烟堤花已謝,有恨難消遣。
  分手情人歸藝苑,轉傷感、柳陰幽暗。奈飲涙、目前河水漲,胸裡猶留戀。

      梅香慢・賞紅梅

  風韵堪求,喜午飲茅庵,臥游形勝。醉枕閑肱夢,望紫穹開闊,碧湖幽靜。料峭宜春,停杖對、白梅清影。雪骨凌寒,瓊枝綴玉,煥發天稟。
  香蕊又紅妝,映薄氷將解,艷耀如鏡。取暖傾清聖,坐渡津茅店,水村霞洞。美祿芳醇,潤短筆、裁詩乘興。目送金烏,迎接銀兎,聳肩吟詠。

      暗香・賞早梅

  天晴未暖,歩早春閑徑,梅園池畔。處處欲開,雪骨紅唇蕾堪看。綴玉横枝倒影,踏薄氷、浮光輝煥。停藜杖、游目無言,賞景忘餐飯。
  茅店,翠娥勸,啜酒聖芳醇,村醪低賤。笑傾玉盞,空想花魂放香暗。將抹濃妝對鏡,畫眉巧、瓊姿清婉。試俳句、乘雅興,意長言短。

      早梅香・賞梅雅会

  料峭寒天,見老骨比肩,雅游連袂。外苑圓池,早梅芳姿,纔破珠蕾。倒影薄氷,花朶艷、恰如濃睡。探季題,俳人覓句,競求吟味。
  取暖坐旗亭,擧金杯催促酣醉。浩飲清濁,滌洗巧拙,團欒肇春歡会。酩酊乘興,主持喜、凍醪甘美。信口高説,蓬莱韵事,更期千歳。

      四犯剪梅花・游梅林

  老境多閑,在茅廬、久待孟春花信。曳杖逍遙,探梅園鮮嫩。紅白欲奮,半開處、未織雲錦。歸鳥成群,晩風掠面,暮寒難忍。
  傾村酒、旗亭取暖,喜紅霞炳煥,緑醪堪飲。美醉醺然,有樗翁温順。游魂解悶,試刀筆、暫佯高隱。冩剪瓊姿,忽得五律,擬唐清韵。

      雪梅香・賞梅裁詩

  曳藜杖,白頭鶴歩入梅林,賞紅白香蕾,凌寒綴玉初春。氷骨横斜映池水,碧漣如鏡耀鱗鱗。暗香動,雅客稱揚,疎影芳芬。
  佳人,笑容美,誘引旗亭,侑酒芳醇。忽借朱顔,抱壺靜坐黄昏。游目霞光覓佳句,擬唐風韵上吟唇。調平仄,目送金烏,暫却紅塵。

-7-

      早梅芳・賞梅裁賦

  怕春寒,穿外套,再問白梅早。氷姿雪骨,一定開花立清曉。芳園風未暖,綴玉瓊姿少。但紅妝艷態,眼底擅花貌。 
  對仙娥,勸野老,試飲村醪好。旗亭取暖,美祿芳醇洗煩惱。醺然乘酒興,覓句誇才調,競黄鶯,飛聲吟麗藻。

      玉梅令・妻梅子鶴

  妻梅子鶴,晩境爲詩客,玩香雪、五絶堪作。作望梅閣老,乞骨返家山,學韵事、靜磨古墨。 
  説梅止渇,空想游魂魄,揮禿筆、走馳碧落。賞素梅芳馥,覓句擬唐吟,乘雅興、喜春安樂。

      尋梅・本 意

  春寒料峭含雪意,自閑散、無人苑裡。鶴歩獨問花華麗,賞紅梅香蕾,待天晴霽。
  喫茶取暖旗亭喜,有妙想、正堪揮筆。巧押雅韵得好句,冩七絶一首,吟順近體。

      一翦梅・賞 梅

  老骨出游喜好天,探討初春,鶴歩梅園。紅妝白粉繞池塘,綴玉横枝,倒影清漣。
  取暖傾杯望雪山,乘興旗亭,走筆詩箋。斷章摘句擬唐吟,稱讚氷姿,醉借朱顔。

      梅花引・賞 梅

  花信早,淑光好,曳杖尋幽穿外套。入梅園,逢紅顔,献媚白頭,嬌態耐餘寒。 
  旗亭取暖傾甜酒,雅境游魂得對偶。題芳姿,憶芳姿,携手隨風,共探盛春時。

      慶春時・午夢游梅苑

  氷天雪地,盈杯温酒,取暖寒齋。白頭暫借,紅顔午枕,香夢忘形骸。
  梅林芳馥,時有仙子抱琴來。花精淺笑,詩毫自走,箋上畫春臺。

      洞天春・賞紅梅

  當傾緑酒酣醉,暫借紅顔美睡。午枕閑肱臥游處,望山湖如繪。
  紅梅綴玉映水,悦目芳姿秀媚。恰似朱唇,勸酬白首,霞漿甘美。

-8-

      青門飲・忙中有錯

  人處多閑,晩年無恙,忙中有錯,難排聲病。走筆裁詩,斷章摘句,樗叟臥游霞洞。春晝櫻雲涌,雪花舞、風輕幽徑。達到靈湖,瀲瀲清漣,浮光如鏡。
  有意欲將吟詠,傾緑酒芳醇,金杯明淨。茅店仙娥,藝林心眼,偸看錦箋匡正。同字重重複,擠韵頻、不能調整。繆斯如此,憐察老骨,游魂香夢。

      水龍吟・齒牙春色

  白頭韵事無師父,敬慕詩林啼鳥。青春鶯囀,金秋雁語,清朝鵲報。曳杖尋幽,隨風探勝,游魂却老。入湖畔櫻雲,雪花霞洞,揮毫敏、修辭巧。
  朱夏緑濃山道,競鳴蝉、飛聲美妙。寓情于景,斷章摘句,擬唐才調。蛩雨秋愁,齒牙春色,作詩高笑。冩玄冬野趣,寒江流處,有人垂釣。

      戀香衾・鳳舞鸞歌

  晩境多閑杯堪擧,喜夜飲、美醉游魂。夢裡青娥,眼底紅裙,鳳舞鸞歌把花朶,振錦袖、含笑醺醺。緑酒有功滌洗,痩叟出塵。
  正是天仙入空想,仕醉客、嘆賞櫻雲。恰似金鶯,巧哢黄昏,覓句裁詩放聲好,押雅韵、尚古憐新。擬唐平仄流暢,麗草幽深。

      佳人醉・隨風遵韵律

  老叟傾杯骨醉,遐想繆斯憔悴。嘆藝林魔鬼,旗亭廉賣,小酒如水。雅客無押雅韵,自由張詩嘴。
  傷荒癈,不禁紅涙,零落硯池,潤筆堪調平仄,題壁披心肺,仰山翠。隨風玩味,冩景舒情盡美。

      錦纏道・信筆塗鴉

  探勝濃春,悦目碧湖如鏡,映櫻花、如雲酣涌。乘風香雪飛閑徑,又似蝴蝶,振翅穿霞洞。 
  坐旗亭暫傾,水村清聖。弄風光、斷章摘句,冩字拙,信筆塗鴉種。眼前癈紙,累累如山聳。

      厭金杯・事過情遷

  白首集合,青春爛漫,賞櫻花、盛開湖畔。寓情于景,喜悦季題多,俳句短。諷詠如鶯巧囀。 
  事過情遷,欲開游宴,坐茅店、共傾金盞。主持雅会,大匠講談長,天向晩。啼鳥分飛解散。

-9-

               詩


五言律詩

      十 首              東京都 石倉鮟鱇

      承平盛世

  散士花間老,傾杯月下春。承平増酒客,盛世減詩人。
  刀筆生青銹,井魚游緑樽。鷄群有孤鶴,裁賦戀芳魂。

      離世絶俗

  離世結廬處,絶俗山水佳。清溪堪漱口,吟草自開花。
  風裡惜紅雪,月中喫緑茶。春宵裁賦後,低唱競群蛙。

      同衾共枕

  同衾與誰喜,共枕繆斯歡。得意揮才筆,無蹄走錦箋。
  飛聲吟月下,傾盞醉花間。夢淺鷄鳴處,香魂歸曉天。

      氷消雲散

  乞骨結廬處,迎春融雪邊。氷消留鏡水,雲散見晴天。
  垂釣隣紅樹,開花映碧漣。柔風拂面好,湖上泛樓船。

      氷壺玉尺

  晩年迷韵事,傾盞愛風流。帶酒宜空想,裁詩欲臥游。
  氷壺盈鏡水,玉尺計蜃樓。擱筆依窗望,夕霞牽暮愁。

      魂勞夢斷

  官途多客舎,身似片雲漂。魂勞眠外地,夢斷醒中宵。
  看取南窗月,愁聞北海濤。無端流血涙,抱枕坐霞朝。

-10-
[PR]
by kanshiriun | 2014-02-07 15:34 | 2014年2月号

2014年2月号 no.127 2/3

      魂馳夢想

  壺酒洗黄塵,詩箋似臥雲。醉魂馳碧宇,香夢想紅裙。
  仙子翻衣舞,老翁張翼巡。晩年泡幻好,韵事在常春。

      甕天蠡海

  鴻儒講知見:學舎在蜃樓。假使登山頂,難得望地球。
  甕天虚象窄,蠡海蠧魚游。窗外歸烏向,紅霞帶暮愁。

      甕里醯鷄

  月中師傅似,甕里一醯鷄。帶酒説才藝,游魂穿錦衣。
  詩林春料峭,弟子腦昏迷。夢囈多誑語,醒來紅旭煕。

      酒甕飯嚢

  日本多花徑,梅餘開李桃。櫻雲流勝地,香雪舞春宵。
  酒甕呼游客,飯嚢收旨肴。可惜鶯囀處,人不把詩毫。



七言律詩

      哀悼日中文化交流協会会長辻井喬先輩登仙

  曾在学園雄志傾,壮年醇化継家茎。新通百貨探人需,又拓詩文点暁檠。
  政治失言雖招乱,尋常応対助為営。一衣帯水要鎮刻,切歯眉愁悼偉兄。

    訪長善館于新潟県燕市,有感。

  長善私黌余威光,越州燕市学生慶。塾頭三代芳心渥,教訓千秋雲気香。
  彦嶽霊峰瀕日海,峨眉峡水送橋梁。豹軒賢哲呈詩興,艶艶揮毫埋会場。

(註)長善館:天保四年鈴木文臺開校私塾。二代惕軒,三代彦嶽継承。
   豹軒:鈴木虎雄(1878-1963),惕軒五男,京大教授,中国古典文学専攻,文化功労者文化勲章受賞。
彦嶽霊峰:弥彦山。峨眉橋梁:峨眉山麓橋梁,曾流失漂着当地海浜。

-11-

      読小沢征爾《我的履歴書》于日本経済新聞。有感。

  征爾瀋陽命吐芽,自知民族交流涯。夙志指揮管弦楽,自走欧州摩托車。
  維納波噸蒙激賞,東京N響投咄嗟。不忘師恩伝神髄,世界東西約不差。


      十四首              東京都 石倉鮟鱇

      詩散體

  老骨多閑有酒杯,醉來鼾睡夢魂飛。春游花底馳才筆,秋舞月中違例規。
  騷客自由詩體散,繆斯融解雪肌輝。乳房高聳流珠汗,妄想燃燒留死灰。

      沐雨櫛風

  詩人將欲破僵局,錦繍山河翻客衣。沐雨櫛風求妙想,別風淮雨衒新奇。
  春游花底傾壺酒,秋醉月中聞水犀。旅舎女童鼻哂後,大書木字善教余。

      携雲握雨

  負暄枕臂臥游功,午睡安閑香夢成。騷客擧杯村酒緑,詩魔却老玉唇紅。
  携雲握雨逢花底,斷雨殘雲別月中。料峭春寒拂面處,醒來寂寞暮愁濃。

      撥雨撩雲

  嘆賞櫻花醉藝林,枕肱好夢響清音。仰瞻天宇見光耀,化作仙娥抱玉琴。
  撥雨撩雲繆斯笑,興雲致雨老翁吟。斷章摘句詩一首,賞景舒情雅趣深。

      滄海遺珠

  閑傾玉盞養風懷,羨慕曹植八斗才。壺酒温臍洗塵美,詩魔有意抱琴來。
  白頭禿筆走箋紙,滄海遺珠生蚌胎。香夢難長曉鷄早,忘忽好句醒寒齋。

      點睛開眼

  痩叟苦吟敲又推,寒齋韵事帶愁悲。送別西嶺金烏去,看取東窗銀兎飛。
  月入風襟生妙想,酒流腸肚洗心灰。點睛開眼冩結句,擱筆更傾得意杯。

-12-

      馳名當世

  青年立志努維新,深慮遠謀列鼎臣。如日中天照滄海,馳名當世作金人。
  公園翁嫗讀碑刻,諛墓言辭擬古文。兎走烏飛生銹處,魯魚亥豕帶苔痕。

      蛟龍得水

  藝林欲暮落暉垂,雅客佯仙術語飛。才媛風懷愛青鳥,老翁韵事擧金杯。
  蛟龍得水人壺酒,筆墨染箋詩墓碑。巨匠登仙留弟子,春宵設宴共傷悲。

      夢筆生花

  梅園到處隱居翁,多是俳人學美風。市井門徒喜閑話,墨林領袖講餘生。
  現身説法留遺業,夢筆生花得盛名。如此效顰師傅藝,春寒覓句作氷凌。

      八面玲瓏

  聞道詩林深奧處,繆斯却老坐茅齋。七行倶下讀蘭藻,八面玲瓏評器才。
  曳杖游魂問霞洞,披襟勸酒質風懷。花容含笑擅閑話:騷客皆宜期未來。

      夜長夢短

  清晝消閑垂釣絲,良宵排悶試新詩。頻傾玉盞眉難展,醉對雲箋筆未馳。
  紙短情長苦吟處,夜長夢短弄辭時。偶聽空谷足音響,期待來人是繆斯。

      敲氷求火

  老學韵事賣神劍,不顧非才買錦嚢。傾酒游魂洗塵肺,敲氷求火案辭章。
  青燈清照雲箋皺,白首空聞古墨香。坐在几前千載後,繆斯憐憫賜霞觴。

      鏤氷雕朽

  大都白首欲開心,曳杖胸中抱玉琴。聽順空山迂叟勸,效顰幽谷晩鶯吟。
  鏤氷雕朽裁俳句,引火燒身坐藝林。請寄繆斯評作品,指摘季語損遺音。

      鑽氷取火

  乞骨結廬碧水東,村醪可口酒香濃。花間傾盞求清韵,月下揮毫擬古風。
  滴水穿石爲鬼斧,鑽氷取火就神工。華辭有趣繆斯喜,傾注霞漿勸醉翁。

-13-

五言絶句


      開 炉             埼玉県 芋川冬扇

  開炉寒尚薄,閉戸老児童。自愧従疎懶,宝灯在室中。

      陽関曲             埼玉県 芋川冬扇

  佳人思我否,俗子扣門呼。有夢陽関曲,弾琴一句無。

      嫦娥三号登月有感        上海 陳興

  嫦娥才着地,玉兔已奔開。此際人間釋,千秋望月懷。


      横行闊歩            東京都 石倉鮟鱇

  正論横行處,函人闊歩時。憂國輕四海,不作世交詩。

      亂世凶年            東京都 石倉鮟鱇

  亂世詩林茂,凶年傑作多。泰平民鼓腹,騷客作鸚哥。

      艱難辛苦            東京都 石倉鮟鱇

  艱難辛苦好,後樂在餘生。商賈爲詩客,追懷帶雅情。

      氷壺秋月            東京都 石倉鮟鱇

  氷壺釀清聖,秋月懸明鏡。文墨自消閑,裁詩如醉夢。

      遁形遠世            東京都 石倉鮟鱇

  乞骨遁形處,安身遠世廬。清貧如碧水,垂釣泛山湖。

      籠鳥檻猿            東京都 石倉鮟鱇

  籠鳥忘飛聲,檻猿啼舊風。詩林刀筆散,空谷月空明。

-14-

七言絶句

      倒閉烟鋪            千葉県 高橋香雪

  販賣香烟四十霜,追懷歳暮很怱忙。鏡中蓬髪容顔痩,顧客稀來立夕陽。


      賛三陸小野屋冷凍烹魚餐     千葉県 今田莵庵

  南北潮流合暖寒,望洋三陸躍魚攅。冷凍烹味急来到,陋舎皆然聚楽餐。

   前田一馬先生賜軽井沢茜屋咖啡。謝詠。 千葉県 今田莵庵

  漸隣春気冲咖啡,俳友芳心満室菲。碾實寒中軽井沢,味香欲届急行飛。


      一指天地            東京都 石塚梨雲

  一指地天淑氣通,蒼顔喜色帶花紅。雲消霧散無愁悶,人在春風駘蕩中。

      春夏秋冬            東京都 石塚梨雲

  春山勝景曙光新,夏日青林涼可欣。秋夜思君仰盈月,冬天黙坐養精神。


      客 愁             東京都 田村星舟

  青白半輪霄漢懸,聚星燦爛客愁邊。回看往歳又如矢,我惜今宵獨不眠。

      偶 成 于花巻温泉 藤三旅館  東京都 田村星舟

  羇寓藤三歳月遷,孤燈掩映不成眠。房中抛筆寒窗下,半夜紛紛雪舞川。


       謝對東北大震災支援      神奈川県 萩原艸禾
     於NHK文化中心國際交流祭in臺北

  東北地揺洪瀾侵,隣邦忽已友情深。一衣帯水将身顕,白日青天満赤心。

-15-

      歳晩憶両友           神奈川県 萩原艸禾

  酒客蹉跎行歩萎,論朋俄頃訃音飛。何期歳暮東西報,緑髪青衿映酒杯。


      路傍褐色美人蕉(カンナ)     神奈川県 高橋子沖

  零露落園百草萎,美蕉褐色秘風吹。蕭然無那黄昏路,期待花開首夏時。

      新春梅花開           神奈川県 高橋子沖

  独歩新春無一事,吾驚一戸早梅香。清相門内東風遍,微聞楽調心自芳。

      園裡水仙            神奈川県 高橋子沖

  寒風園裡踏清冰,茅屋蕭然気鬱蒸。一白水仙情不浅,不知何処心気昇。


       霜晨偶成           埼玉県 秋葉暁風

  初冬冷氣凛然生,寒草帶光天快晴。滿地皚皚留曉雪,眼前好景有風情。

       游河口湖畔          埼玉県 秋葉暁風

  素秋探勝入楓林,湖映蓮峯戴白金。疑是畫圖風景好,陶然一醉遣詩心。

       秋月清涼           埼玉県 秋葉暁風

  夜窗弦月一天秋,耿耿銀河星火流。涼氣侵肌如水冷,三更景影入雙眸。

       日光以路者坂         埼玉県 秋葉暁風

  滿目秋光寒意生,楓林曲徑碧天晴。全山錦繍美於畫,黄舞紅飛霜葉輕。

       秋 夜            埼玉県 秋葉暁風

  金秋弦月促吟情,題在暮愁涼一棚。蛩雨瀟瀟筆難走,秋聲傷感意難平。

-16-

      一箭雙雕            東京都 石倉鮟鱇

  東西廉價笑容開,馬仰人翻集櫃臺。一箭雙雕妻兩手,買得佳品益家財。

      國歩艱難            東京都 石倉鮟鱇

  哀鴻滿路大都春,國歩艱難多義人。慙愧長生把刀筆,樗翁諫草引經文。

      駕鶴西游            東京都 石倉鮟鱇

  笑傾金盞醉魂飛,駕鶴西游久忘歸。投宿黄泉酒香好,當然美醉洗心灰。

      惨雨酸風            東京都 石倉鮟鱇

  偶聽詩友報新聞,惨雨酸風害藝林。三徑百花枯萎處,少年鼻哂老殘吟。

      桃弧棘矢            東京都 石倉鮟鱇

  桃弧棘矢未飛折,詩友携壺來鼓舌:嘲笑菲才徒戒酒,空呵短筆忘觴酌。


排律・古詩

    題小山栄雅先生新作《風光》是短編小説
      訪梶井基次郎文学碑于豆州湯島温泉  千葉県 今田莵庵

  住職成長老,新僧守福林。創文燃赤意,執筆似青衿。
  小説成新作,多情聴旧琴。夫婦呼姪命,学女操車臨。
  旅宿幽川接,温泉小瀑淋。猶存文学碑,想起夥知音。

      井頭公園浚池水         千葉県 今田莵庵

  井頭池水在三鷹,都下栖民静養勝。弁天往歳祀細島,狩猟将軍登岡陵。
  絢爛桜花埋堤道,錦繍紅葉累波綾。池畔漸乏得湧水,湧池浚渫求水澄。
  寒中一日衆人集,揮網担桶喧噪凝。群魚大小捕如思,何夥外魚棄誰憑。
  人道池底清掃後,旧来魚種留置能。自行車類幾多現,無線電機又出増。
  今人無操已我識,這様唖然不似恒。

-17-

            旅情萬里


    世界紀行 西班牙(スペイン)  神奈川県 高橋子沖

      塞万提斯銅像

  塞万提斯銅像髙,東西観客共遊敖。唐吉何徳今猶存,小説夢魂万里翺。

   (注)塞万提斯:セルバンテス。唐吉何徳: ドンキホーテ。

      普拉多美術館

  首都中心王族宮,収集美術万余充。十九世紀開館告,作品評価窮尊崇。

   (注)普拉多美術館:プラド美術館

      宮廷王女(委拉斯開慈画)  

  宮廷王女写官員,名画欲看在眼前。観客無声幽室下,恍然感動向誰伝。

   (注)委拉斯開慈:ベラスケス

      着衣,裸体 嗎雅(戈雅画)

  戈雅名声知不朽,着衣裸体美人姿。眼前凝視感無限,再訪誓心生有涯。

   (注)嗎雅:マヤ。戈雅:ゴヤ。

      卡洛斯家族十数人(戈雅画)

  盛装家族十数人,起立柔和隔世塵。描写穏微応有意。王妃狡猾是何因。

   (注)卡洛斯:(カルロス4世)

      普拉門戈舞

  舞踊佳人情熱流,髙低响板恣閑遊。西牙民族守伝統,動作不忘去路悠。

   (注)普拉門戈:フラメンコ。响板:カスタネット

-18-

      哥倫布銅像

  哥倫高塔恩波洽,百万市民感有余。西牙国民征世界,仰看観客思如何。

    (注)哥倫布:コロンブス。西牙:西班牙(スペイン)

      古都托菜多

  河川多歩囲都市,歴史古都遺産多。日本奈良締姉妹,訪問有義去来波。

    (注)托菜多:トレド。多布;河川名。

      画家格列柯

  著名画家格列柯,終生居住吐清香。教会壁画安祈絵,特異人生何可忘。

    (注)格列柯:エルグレコ

      格拉納達,阿罕布拉宮殿

  最後回教王国都,蘇丹優雅野鶯鳴。造園典雅徘徊久,獅子中庭泉水清。

    (注)格拉納達,阿罕布拉宮殿:グラナダ アルハンブラ宮殿。
       蘇丹;サルタン。

      巴塞羅那福美来教会

  高庭設計塔堂幽,仰看夢中驚暫留。半世未完人語絶,聖歌誰奏意悠悠。

    (注)巴塞羅那福美来:サクラダファミリア教会:聖家族教会。
       髙庭;芸術家ガウデイ。

      灯板条那祥

  殷賑路辺商店多,地方言語美人歌。夜天明滅星猶太,歴史変遷載酒過。

    (注)灯板条那祥:ランプラス大通り

      湾口偶感 サンタマリア号

  哥倫出帆船三隻,西牙支援目海洋。八月誰知千里航,眼前浮夢午風涼。

-19-
[PR]
by kanshiriun | 2014-02-07 15:30 | 2014年2月号

2014年2月号 no.127 3/3

     近畿探楓 古詩新韻       東京都 池田耕堂

      湖東西明寺           滋賀県犬上郡
    = 国宝鎌倉時代の本堂、三重塔と
       日本百選、国宝名勝庭園「蓬莱庭」の古刹 =

  湖東林野帯黄紅 石階参道群衆通。檜皮本堂特崇重,優美層塔浮錦楓。
 蓬莱泉石趣無限,不断桜樹真清澄。半免兵火正奇跡,千秋山寺殊有情。

   (注)不断桜:一年中花の咲く桜

      湖東金剛輪寺          滋賀県愛知郡
    = 国宝鎌倉時代の本堂と血染の紅葉、
         桃山・江戸時代の名勝庭園 =

  江州山寺緑林深,千体地蔵迎訪人。天平悲閣映紅葉,待龍重塔望樹陰。
  三庭林泉冠天下,水雲茶室延賞心。信長焼討免炎上,荘厳諸仏遺至今。

   (注)天平:天平時代。悲閣:本堂。待龍:鎌倉時代の三重塔
      水雲:水雲閣(茶室)。信長:織田信長

      湖東百済寺           滋賀県東近江市
    = 聖徳太子が百済人の為に
        創建した古刹・「天下遠望の名園」=

  近江古刹築石垣,如城境内楓樹繁。山腰本堂実清楚,幾多坊跡似棚田。
  回遊泉石趣無限,高台風景望湖辺。昔時壮観何処在,信長焼討空慨歎。

   (注)石垣:城壕。坊跡:坊跡遺構。

      江州永源寺           滋賀県東近江市
    = 愛知川を臨み唐国禅寺の
      趣に満ちた紅葉の名勝の寺院 =

  臨川山寺紅葉滋,摩崖羅漢偏趣奇。葦葺方丈不知他,唐風諸堂随処宜。
  屡遭兵火雖焼失,朝藩援助甦旧姿。枯禅境地真素朴,四時清景添我思。

   (注)朝藩:朝廷、彦根藩。

-20-

      京洛東福寺           京都市東山区
    = 最大最古の国宝三門と通天橋の紅葉で有名な大寺院 =

  早朝群衆驚訪人,渺茫名刹繁樹陰。通天紅葉冠京洛,三橋渓谷満楓林。
  壮観雲閣稀比類,厳然仏殿延賞心。幾多庭苑極清雅,禅宗風物催興深。

   (注)雲閣:玅雲閣(国宝の三門)。

      西山光明寺           京都府長岡市
    = 西山浄土宗総本山、法然上人が
        念佛を説いた根元の聖地、紅葉の名勝 =

  西山山麓緑陰繁,祇林満目紅葉鮮。荘厳御影祀形見,本廟遺骨千古伝。
  法然此里説念仏,直実帰依営草庵。以来教義拡民衆,浄門隆盛真可歓。

   (注)御影:御影堂。形見:上人自作の自像。直実:熊谷次郎直実。

      嵐山宝厳院           京都市右京区
    = 奇岩と紅葉、青苔の「獅子吼の庭」で著名な寺院 =

  晩秋嵐山画屏中,門前雑踏行客驚。清新本堂襖絵美、供養深院幽且崇。
  庭園奇岩在随処,林下緑苔映丹楓。勝川浩蕩染紅葉,遊舟揺棹殊有情。

   (注)供養深院:永代供養堂(無礙光堂)。勝川:桂川(大堰川)

      大和談山神社          奈良県桜井市
    = 藤原鎌足を祀り、桜、紅葉の名勝として有名な神社 =

  深峰神社転長閑,百余石段登上難。朱塗諸殿実優美,楓林重塔真鮮姸。
  大兄鎌足屡談合,改新事業始此山。幾多史跡眠飛鳥,起源蹴鞠今尚伝。

   (注)大兄:中大兄皇子(後の天智天皇)。鎌足:藤原鎌足
      改新:大化改新  飛鳥:桜井市南部

      大和長谷寺           奈良県桜井市
    = 懸崖造りの本堂に十余米の十一面観音像と
       四百段の登廊、牡丹と紅葉で著名な花の寺院 =

  初瀬山麓百堂存,登廊無限連峻岑。懸崖悲閣感歎久,観音巨像遺至今。
  天武祈念納銅刻,聖武発願祀本尊。芳春牡丹満廊側,晩秋紅葉染梵林。

   (注)悲閣:大悲閣(本堂)。天武:天武天皇。聖武;聖武天皇。
      銅刻:銅板法華説相図。

-21-

      大和室生寺           奈良県宇陀市
    =「女人高野」と云われ、老杉と紅葉に囲まれた
       国宝の金堂、灌頂堂、五重塔が建っ古刹 =

  室生山麓谷川流,霊場満目紅葉椆。柿葺金堂特優美,老杉台上重塔浮。
  半千石段真険阻,危峰奥院風物幽。親王祈願病平癒,祇林創建清水頭。
  四時光景賞心久,古寺巡礼忘却愁。

   (注)奥院:御影堂。親王:皇太子山部親王(後の桓武天皇)。



          現代短詩


漢俳

      初春偶感四首          埼玉県 塚越杉水

  早梅暗香吹。画中題詩絶俗喧,幽情欲贈誰。

  斜暉竹外春。僧寺古苔砌上緑,曲径遇佳人。

  残月僅如鉤。紙帳無塵棋局下,声冷今正酬。

  煙雨又催花。暮寒伴雪春如夢,旅恨満酒家。


      四 首             埼玉県 秋葉暁風

  掃除落葉鮮,偶思楓錦作金錢。我正制機先。

  去歳今年間。擁擠闇夜社殿通,舊札燃火紅。

  合掌立神前。願意呈祥祈年頭,再來甲午縁。

  破闇除夜鐘。過來賀正有祈祷,自改吹新風。

-22-

      六 首             東京都 石倉鮟鱇

  鏡中加馬齡。睡帽隱藏白髪増,愁夢自矇矇。

  空谷月空明。詩林籠鳥忘飛聲,檻猿啼舊風。

  無端戀繆斯。筆頭翠帳藏花貌,紅閨留艷詩。

  才媛上江樓。春天羞月返東海,閉花凋暮愁。

  才媛指失聲。詩客漱石傾玉酒,枕流沈水中。

  俳壇有玉觴。巨匠鼓舌説奧秘,搖脣評酒香。


曄歌

      十 首             東京都 田村星舟

  柏梁詩。拈筆先試,迎春時。

  一朶妍。瓶梅開花,几案前。

  一年春。椒酒一杯,苦吟身。

  多所思。舊朋相会,仲春時。

  白日円。黄鳥嚼花,忘少囀。

  百花香。老若蜿蜒,恍作行。

  一閑人。一點春燈,一夜親。

  鳥聲和。春晨睡足,一椀茶。

  茎葉長。挿瓶黄色,郁金香。

  副都心。俯瞰可愉,階六十。

-23-

      三 首             千葉県 高橋香雪

  郷信嘉。百合月下,繞山家。

  池畔春。水仙促憶,意中人。

  怨寒天。霜晨枯菊,竹籬邊。


自由律

      一五令・霧            東京都 石倉鮟鱇

  霧,酒徒迷反路。   酔いどれが霧に迷へる返り道

  霧,前途即世路。   前途に霧すなわち世路でありにけり

  霧,江湖多事故。   霧こもり江湖に事故の多きかな

      五七令・鶯啼千里春        東京都 石倉鮟鱇

  鶯啼千里春,人無晝錦入櫻雲。
  鶯が千里に啼ける春なれば晝錦なくも櫻雲へ入らん

  啼天哭大地,詩客青衣藍色涕。
  天に啼き大地に哭ける詩客なれば青き衣に藍色の涕

  千思萬想流,暮江烟柳帶春愁。
  千の思ひ萬の想ひの流れたる暮江の烟柳春愁を帶ぶ

  里談巷議長,暫脱世網擧杯觴。
  里談あり巷議もありて長からん世網を脱(のが)れ杯觴擧げて。

  春滿人間好,花底酒豪皆却老。
  人の世に春の滿つるはよろしけれ花底の酒豪ら老いを却(しりぞ)く

-24-

      二七令・三 首         東京都 石倉鮟鱇

  春節,老梅傲雪舞如蝶。

  閑官,魂勞夢斷老天邊。

  詩翁,重温舊夢仰青燈。

      四七令・五 首         東京都 石倉鮟鱇

  柳絮脱俗,豐肌弱骨喜風足。

  老翁散漫,空話連篇評酒盞。

  花唇一醉,恰似紅梅笑妖媚。

  詩林才媛,闊歩高談携玉盞。

  白頭裁賦,滄海遺珠作詩虎。



      詩に関しての偶感        髙橋 渉


 詩は情を抒べる。(説明なり解説ではない。)
 日本では和歌(短歌)、俳句、中国では漢詩、日本人の漢詩は漢字の詩か?
 短歌は線、俳句は点、漢詩は面、と言う人もある。

 和歌には漢詩の如き平仄は無く、酒の歌、社会批判の歌は無い。
 また和歌には他人に代わって詠むこともあり、枕詞、序詞、本歌取り、掛詞、縁語などを使い、幽玄、幻想の世界を開発した。また和歌を書く用紙の色なり、墨字で書く方法も二行、三行 なり一字を飛ばして書くなど幾多の芸術性が窺える。また小説の中に和歌を取り入れる(源氏物語 795首)、また源氏からとった和歌も数多い。これらの点は漢詩とは異なると考えてよいのか。
 それを思いながら、同じ題材を短歌、俳句、漢詩に詠み分けてみた。

-25-

1.観桜花

  白き晴着を着て花見を行う老婦人「婦人に代わって」詠める歌。

 短歌 さくら花吾は佇ずみ人想う白き晴着に花びらは散る
     (白い 散る は掛詞)
 俳句 さくら花大和心の人群れる。
 漢詩 桜花奪錦紗,懐抱感無涯。天界微風度,盛装袖落葩。

2.鳩に紅葉

 短歌 グウと鳴く平和の鳩にそよぐ風紅葉散らせり白き頭に  
 俳句 グウと鳴く鳩は平和か紅葉散る
 漢詩 鳩子歩公園,咽声虞虞渾。微風紅葉揺,散乱白冠根。
             虞虞:ここでは擬音 

3.冬枯れ

 短歌 見渡せば木々に一つの枯葉なく薄日の中を園児行くかな
 俳句 薄日さす冬枯れの路園児行く  冬
 漢詩 山村冬来早,路傍落楓空。園児三四輩,健歩薄陽中。 東韵 空中

4.晩秋懐人

 短歌 夕暮れの落葉侘しき我が庭に別れし人の影をしぞ思う
 俳句 秋深し別れて去りし人の影
 漢詩 晩秋白雲流、庭裡落楓幽。浮上去人影、蕭然往事周。

-26-

    詩俳同牀(97)          今田 述

 昼も見るつれなき人の布団かな       高井几董

 几董(きとう) (一七四一ー一七八九年)は京都の俳諧師高井几圭の二男である。父から俳諧を学んだが,三〇歳の時蕪村の門に入った。入門当初から
頭角を現し,蕪村を補佐して一門を束ねた。安永二年,蕪村と二人で旅に出,大阪・摂津・播磨・瀬戸内海方面を廻っている。蕪村は自作の句集を世に出さなかった。門人川田田福に「発句集はなくてもありなんかし。世に名だたる人の,其句集出て,日来の声誉を滅するもの多し。況や,汎々の輩をや」と語ったのは知られる。けれども今日,蕪村の俳句集が残されているのは,几帳面な几董が,全ての記録を作っていたお陰である。
 さて布団の句だが甚だ切ない一句だ。布団は年中あるが,就寝中の防寒の役割を果たす所から冬の季語とされている。俳句は浮世の一面を述べて,その裏面を想像させる。
 これに対して中国の詩詞は遠慮するところが無い。宋詞を代表する詞人の柳永の「菊花新」に「少年郎に先に眠らせて布団を暖めさせる」下りがある。

  菊花新    柳永
 欲掩香幃論繾綣 香幃を掩わんと欲して繾綣(けんけん)を論ず
 先斂雙蛾愁夜短 先ず雙蛾を斂めて夜の短きを愁う
 催促少年郎 少年郎に催促し
 先去睡 鴛衾図暖 先に去きて睡り 鴛衾(えんぎん)に暖を図らしむ

 須臾放了残針線 須臾にして残せし針線を放了す
 脱羅裳 恣情無限 羅裳を脱げば 恣情は限り無し
 留取帳前燈 帳前の燈を留取し
時時待看伊嬌面 時時 伊(かれ)の嬌面を看んと待つ

 「菊花新」というのは内容と全く関係ない。これは詞牌といってメロディーを指す。詞は曲先詞後で,このメロディーに合わせて詞えお詠むのである。この起句はなかなか凝っていて難しい。?綣というのは「纏わり付く」の意で,「帰さないわよ」といった所か。問題の鴛衾(えんぎん)であるが,鴛鴦の布団と訳せるが,要するにダブルベッドの意であろう。「針仕事を終えて衣裳を脱げば」と後闕(後段)に入り,いよいよ恣情は限り無く,しかし帳前の灯は消さず,男の顔の色気を看ようというのである。
 唐詩に較べて,詞は唐末から五代を通じて発達し,宋代に到って全盛時代を迎える。李煜や柳永は詞専門の作家で詩は殆ど無い。杭州站(駅)で列車を待つため軟座(一等)待合室に入ったら,壁には画や写真は一切無く,右に白楽天の律詩「春題湖上」,左に柳永の詞「望海潮」が名書法家の筆で掲げられてあった。いかに杭州市民に柳永が愛されているかが解る。杭州は宋が首都開封を金に奪われて逃げ込んだ南宋の都だから,ここの文化を知るのには詞への理解が欠かせない。

-27-
[PR]
by kanshiriun | 2014-02-07 15:27 | 2014年2月号