<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 4月号 no.134 1/3

         目  録

  詩

    五言律詩                 1頁
    七言律詩                 1
    五言絶句                 3
    七言絶句                 4
    十七字詩                 6

  詞                       7頁

    玉女迎春慢 菩薩蛮 酔公子 章台柳
    新譜 添字歸字謠 望遠行 解語花 金盞子
    祝英台近 鵲橋仙 應天長 少年遊 探春令
    太常引 卜算子 春光好 醉花間 訴衷情
    古調笑 新譜 如夢令 天仙子

  旅情萬里・逍遙
    春遊源平旧跡             11頁
    古河七福,瑞江名所         13

  現代短詩

    曄歌                   15頁
    三聯五七律               16
    短詩と俳句短歌            16
    漢俳                   17

  鳴鴻渡海                  23頁

  随筆 詩俳同牀              24頁
  定型と句の字数・音数          25
    竹枝 十六字令 閑中好 梧桐影 醉妝詞
    荷葉杯 晴偏好 憑欄人 花非花 南郷子
    天淨沙 甘州曲 踏歌詞 一葉落 他

    梨雲のページ  http://kanshiriun.exblog.jp/



               詩

五言律詩

      關于同學聚會之三首       上海 陳 興

    東京會高中同學凌宇嚮榮國華併聚于嚮榮家
    聊至零點歸來有作         2010年

  異國會故友,人生逢此歡。浮雲行不定,遊子意難安。
  今夜聚一室,明朝過萬巒。歸來忽見月,天上照孤單。

    二月二十五日與高中同學友誼陳敏訓耀林暉聚于友誼家喝茶,
    後與訓耀友誼林光飲于鎮上酒樓   2012年

  畢業十年隔,相逢呼小名。為夫為父輩,置宅置車齡。
  話舊避甘苦,飲茶無濁清。何時復重聚,了不可分明。

    三月歸鄉得遇高中同學鄭峰友誼首中劍平光雄
    林暉靖怡孝霖喜贈五律一首     2015年

  五湖歸可聚,無計返青春。話舊此中酒,離郷何處辛?
  征帆不曾遠,夢想愛爲隣。三月花開日,東風尚未勻。


      臥遊終日不出門         東京都 石倉鮟鱇

  臥遊携短筆,鶴歩入櫻雲。香雪乘風舞,山湖如鏡隣。
  旗亭花貌勸,玉盞醴醪醇。如此馳詩想,樗翁惜逝春。


七言律詩

      偶 題             上海 陳 興

  十六月圓逢立春,懸於窗外即為鄰。河堤雨落漫成雪,坡道花飄會作塵。
  一日無窮PC事,滿堂貧極IT民。天寒還讀李太白,海客瀛洲鄉夢頻。

-1-

      悼新加坡建国祖李光耀原首相逝去  千葉県 今田莵庵

  日軍雖迫逃持生,立国排西東為兄。小国何望重工業,大洋親接百船程。
  提供高額招賢者,蓄積知新築学城。貧島残影今不見,万民送柩継心盟。

   徳国旅客機法国山中墜落,死者数百五十。三十年前自香港到東京
    乗LUFTHANSA 飛機,当時機長招待我操縦室。回顧有感。
                      千葉県 今田莵庵

  駕駛飛行自殺途,万人戦慄総身趨。機骸砕粉散人跡,山岳並巌刪髪膚。
  人命在天常預託,逃心鎖道等凡愚。曾遊徳機操縦室,往歳自由如夢渝。


      守道安貧            東京都 石倉鮟鱇

  碎骨粉身勤事業,東奔西走老江湖。發財致富隱田舎,守道安貧結草廬。
  出去逍遙覓詩料,倦來横臥枕音書。緑陰深處風清爽,夢醒黄昏送日烏。

      俳人眼内無珠醉光景       東京都 石倉鮟鱇

  百聞不若一瞥見,小見何如大家聞?才媛花容有鼻哂,老翁馬臉帶心嗔。
  十年曳杖勤尋勝,萬句揮毫未創新。眼内無珠醉光景,俳人連袂入櫻雲。

      虚張聲勢            東京都 石倉鮟鱇

  老爲雅客愛風流,行旅三春萬里遊。航海梯山探形勝,斷章摘句遣詩愁。
  虚張聲勢驚黄鳥,遜遯詩林避白頭。不顧菲才携筆墨,旗亭傾酒與朋儔。

      眼觀六路            東京都 石倉鮟鱇

  田翁散策逢山鬼,廉賣鳳毫無馬蹄。志在四方遊景勝,眼觀六路作詩迷。
  鏡花怒放開詩苑,水月清輝浮夢溪。走筆雲箋擅風韻,傾杯茅店不知疲。

      光陰如箭            東京都 石倉鮟鱇

  杯酒流毒害美風,光陰如箭中吟翁。落杯卒倒登仙逝,振翅高翔蛻骨輕。
  春鳥伸吭欲交尾,秋蟬鼓腹競飛聲。百年求句詩三萬,堪看雲箋流太空。

-2-

五言絶句

      忙種作             埼玉県 芋川冬扇

  嬰児哭欲乳,屋外不聴音。種作無余事,貧家日影沈。

      迎四月             埼玉県 芋川冬扇

  終日無尋処,明窓一室虚。老人迎四月,学始大叢書。


     七 首              東京都 石倉鮟鱇

      繆斯鞭撻如悪魔

  繆斯憐老叟,才短似鸚哥。申斥頻模倣,鞭笞如悪魔。

      仙女彈琴

  仙女彈琴處,騷人作鸚鵡。乘風飛藝林,吟唱詩陳腐。

      對鏡戀天堂

  鏡中逢聖者,夢裡喜神交。花徑蝴蝶舞,天階上紫霄。

      花粉飛

  莫喜春暄好,風柔花粉繞。如搶掠銀行,美人添口罩。

      純愛隔天地

  嫦娥爲寡婦,詩叟作鰥夫。純愛隔天地,晩年傷有無。

      詩人醉臉如朱鷺

  醉臉如朱鷺,飛聲喜放吟。繆斯彈寶瑟,風韻起詩林。

      醉仰天空守沈黙

  愚生是井蛙,管見無迷惑。美醉仰天空,温顔守沈黙。

-3-

七言絶句

      祝賀萩原艸禾先生『艸禾詠詩録抄』上梓  千葉県 田旭翠

  丈夫志尚托詩篇,竹帛成功値稔年。応見艸禾晩成力,詞章不老自清鮮。

    贈四十八期(日本文化学科)畢業生  埼玉県 塚越杉水

  春天日午別離情,学業本分茲已成。莫道詩文衰退甚,教堂感化染山櫻。

      春 雪             埼玉県 塚越杉水

  空濛春色雪如流,潤物蘇生事事幽。一刻千金書院寂,微寒懶出此中遊。

      看 梅             埼玉県 秋葉暁風

  東風雪解不留塵,破蕾梅花一朶春。暖日僧房般若酒,香窗放眼遇佳人。

      追 憶             埼玉県 秋葉暁風

  風吹窗外白雲娟,戯蝶翻翻花落邊。殘夢無功亡父有,辭書留在涙濽然。

   桧枝岐村是尾瀬沼沢入口冬天有数的豪雪地夏天有名的村民歌舞伎
                      千葉県 長谷川破笑

  悠桧枝岐外世塵,雪白廿里訪佳人。歌舞堂檐冰柱下,再来必見夏装君。

      麻布山善福寺大公孫樹      千葉県 長谷川破笑

  大公孫樹古堂前,老木乳根垂下涎。旧友伴遊無午飯,春宵美酒満貧泉。

  一樹鬱蒼遮眩光,緑陰浄土離塵郷。京師麻布善福寺, 門口旗亭般若湯。

      偶感在椿山莊          千葉県 高橋香雪

  門庭景物好風光,素艷山茶映曲廊。賀宴往來人易老,白頭醉後獨思郷。

-4-
      病中偶成            千葉県 高橋香雪

  凍雲窗外暮寒侵,更夜雪聲冷透襟。風疾惱人精氣減,迎春養老臥牀心。

      早 春             東京都 田村星舟

  和氣東風梅綻晨,草庵小老又遭春。誰知今日欣其事,客去安閑筆硯人。

      那智大瀑川           東京都 田村星舟

  幽陰苔磴綠相連,仰視懸崖大瀑川。捲霧起風排玉奔,行人無語只陶然。

      訪大王崎燈台          神奈川県 萩原艸禾  

  断崖分域両州灘,高塔百年燈火旋。滄海茫茫千里闊,登台更解地球園。

      早春写生難           神奈川県 萩原艸禾  

  軽暖午天促揮筆,杉風和我累飛精。悠然一刻忽發痒,鼻洟涙涕図不成。

      三月東京寄印尼劉凱林靜鄭光忠楊光雄諸君 上海 陳 興

  赤道人稱春久駐,不知花落紛如雨。東京今夜滿城櫻,曉嚮何方夢中去?

      過舊芝離宮恩賜庭園       上海 陳 興

  春寒庭裡有梅花,雨細池邊無抹茶。鬆翠未知更四季,東京灣畔記年華。

      秋叩空門打坐禪         東京都 石倉鮟鱇

  利齒能牙欺世間,損人害己送流年。晩節頻悔先非後,秋叩空門打坐禪。

      害群之馬尚長嘶         東京都 石倉鮟鱇

  居功自傲弄華辭,巨匠聲高難野詩。門下三千萎縮處,害群之馬尚長嘶。

-5-

      詩魔吐氣妄執生毒害青年     東京都 石倉鮟鱇

  詩魔吐氣妄執生,幻化蚤虱吸血腥。毒害青年罹聲病,千瘡百孔漏黒風。

      待兎千年守古株         東京都 石倉鮟鱇

  老學俳句抱金壺,待兎千年守古株。月夜凌寒傾緑酒,氷結破曉死無辜。

      一人得道鷄犬昇天        東京都 石倉鮟鱇

  一人得道晋宮城,鷄犬昇天輕下情。榮耀百年驕傲後,花間夢醒晩鴉鳴。

十七字詩

     五 首              東京都 石倉鮟鱇

      題心冩心字十七個

  愛想惹憂愁,慇懃慰悲戀。心息隱忍思,恩怨。

      却老飛聲若鸚哥

  生涯未完了,詩叟醉歌多。却老飛聲似,鸚哥。

      詩客爲民除害

  炎災損硯田,詩客題仁愛。飛聲誓爲民,除害。

      買醪何處好?

  夢裡問村童,買醪何處好?春吃畫餅答,知道。

      登仙張翼飛天道

  月下醉翁覺,身輕受風好。登仙張翼飛,天道。

三句半

      花粉過敏(花粉症)       東京都 石倉鮟鱇

  感冒安痊摘口罩,鼻端芬鬱香蒙罩。憂虞花粉戴之和,遮眼罩。

-6-

               詞


      玉女迎春慢・黄鶯傳貌      東京都 竹田甲春

  悉賀元宵。紅燈列、喜事兩家齊笑。漸漸堅芽緩帽。蠢蠢穴虫出表。華燭將照。玉飾冠、誉聞榮耀。郷人説缼。驕子顧親。 愁病憂老。
  千秋待望婚紗。黄鶯矯囀。轉枝傳貌。萬里芳香運到。遠境歡心應報。水集趨海。早晩得、讓童扶抱。四世叢叢。共享盛華姸好。


      菩薩蛮・文人行路難       千葉県 今田莵庵

  満花窓外寒風滅。春陽掃殄山間雪。詠意欲伝頤。可吟游息時。
  忽流歌電視。手機投嵐世。風雅築如何。文人行路難。


      酔公子・臘月弔旧友       神奈川県 萩原艸禾

  寒雨催長逝,訃報一朝至。老病養来中,沈痾百薬空。
  同業多年歩,苦楽均回顧。追憶夢茫茫,夕陽樹影長。

      章台柳・国風盆栽展       神奈川県 萩原艸禾

  瓊樹蟠,繊枝展。翆蓋寒柯列清館。総是国風歴歳姿。同好宜回再清覧。


     詞 二十四首          東京都 石倉鮟鱇

      新譜・掃除心灰有灰心

  勸杯,勸杯,挂暦花容佯貴妃。耳語若風吹,掃除老骨心灰。灰心,灰心,春宵美醉低吟。

      添字歸字謠・坐井觀天

  青蛙,坐井觀天戀赤鴉。失明後,仰慕眼簾花。

-7-

      望遠行・閻王度假銀河呼我

  醇醪可口,醺然中、酒毒眞堪酣醉。感覺魂魄,離脱身體,恰似曉來蝉蛻。輕受金風,高昇碧宇,鼓翅絳河,清秋盡美。目下開、崖岸紅黄映流水。
  如絵,佳景連綿雄偉,見釣舸、白頭引睡。暫借赧顔,看過銀鱗,傾盞洗滌心肺。度假悠悠天上,閻王呼我,飛落低頭恐畏。請明朝裁決,寛容微罪。

      解語花・生羽毛老作黄鳥

  白頭淺飲,緑酒芳醇,杯中月娥耀。苦吟未了,醉翁嘆、身似肥腸滿腦。十年却老,學韻事、遊魂古道。漁美文、摘句成章,癈寢迎清曉。
  繆斯憐憫華皓,奏琵琶鳴響,仙樂靈妙。艷妝花貌,命詩筆、含墨奔馳蓬島。天人眼笑,評作品、稱揚文藻。生羽毛、朗朗飛聲,遁叟爲黄鳥。

      玉女迎春慢・夢想勝遊霞洞逢仙女

  醇酒多功,逢花貌、艷然感招香夢。滿目櫻雲盛涌,悦耳山鶯清哢。風輕芳徑,夕照透、碧山仙洞。霞觴堪擧,靈液洗滌,詩叟天縱。
  醺然美醉遊魂,高歌忘我,化爲鳴鳳。老骨飛聲下令,玉手彈琴奉命。月臨春夜,碎耀錦、泛湖如鏡。破曉聞鷄,掃興醒來人境。

      金盞子・帶酒賞櫻花

  緑酒芳醇,涌玉甕,盈盈溢溢金盞。雖老愛清貧,難嚴戒,醇醪洗滌肝胆。少啜美禄濃春,賞櫻雲粲爛。銀河落,碎錦雪花繽紛,任風星散。
  夕日照湖畔,波浪耀,霞彩映瀲瀲。山光有情悦目,揮詩筆,含靈快走隨感,聳肩朗朗飛聲,競黄鶯清囀。回頭處,月鏡欲昇東天,點火圓滿。

      洞仙歌・請恩赦生涯菲才輕罪

  天年將盡,中酒毒堪醉,老叟清晨竟蝉蛻。受東風、飛向西土天河,瞰目下、兩岸櫻雲映水。
  香雪如星散,行客連綿,遊覽春光正華美。路到陰曹處,玉宇瓊樓,衝碧落、使人憂畏。謁閻王、跪拜叩白頭,請恩赦、生涯菲才輕罪。

      祝英台近・未知畢業離別擅香夢

  有白頭,傾緑酒,却老身無恙。追憶佳人,醉來將緬想。勝遊春晝花間,秋宵月下,喜携手、共逃塵網。
  自舒暢,才媛笑啜濃醪,醉眼誇洪量。非難鴻儒,談吐眞豪爽。未知畢業離別,兩心相印,擅香夢、神清氣朗。

-8-

      鵲橋仙・玉唇口蜜女人腹劍

  玉唇口蜜,女人腹劍,難以看清眞意。菲才面對繆斯評,作品好、古今無比。
  鳧趨雀躍,歡欣鼓舞,花費酒錢狂喜。蹣跚醉歩就歸途,仰天鏡、明輝秀麗。

      應天長・對閻王恭謝生涯輕罪

  天年將盡人酣醉,竟中酒毒春夢碎。醒清曉,獨蝉蛻,振翅乘風爲死鬼。
  到陰曹,揮老涙,拜謁閻王雄偉。恭謝生涯輕罪,能辯如流水。

      少年遊・偕老同穴蝶夢丘墳

  談情説愛,男歡女愛,花底過青春。山盟海誓,分甘同苦,決不悔結婚。
  賢妻母愛,愚生宝愛,月下論詩文。偕老同穴,共爲唇齒,肌骨夢丘墳。

      探春令・繆斯憐憫詩翁作黄鶯

  繆斯憐憫,菲才空老,苦吟難斷。好學韻事無成算,賣家産、傾杯盞。
  天仙妖術誑樗散,夢黄鶯清囀。擅美声、朗朗乾坤,吟唱順嘴裝人面。

      太常引・醉不悔多花酒錢

  女人口蜜擅浮言,腹劍刃光寒。勸酒洗心肝,笑稱讃、白頭美男。
  鳧趨雀躍,歡欣鼓舞,更夜尚無眠。乘興忘生年,醉不悔、多花酒錢。

      卜算子・尾生守約溺死深千尺

  天仙憐尾生,香夢知期日。橋下揚揚待女人,好看誇衣飾。
  雖然流水増,也守約堪飭。奮起精神抱梁柱,溺死深千尺。

      春光好・筆走紅箋流翠墨染黄昏

  遊瑤島,喜花春,入櫻雲。芳徑風柔通藝林,逆詩人。
  霞洞仙娥勸酒,桃源老叟遊魂。筆走紅箋流翠墨,染黄昏。

      醉花間・仙島鳳字聲佳妙

  遊瑤島,是仙島,花底天人笑。茅店賣霞漿,詩客爲啼鳥。
  吟調平仄好,裁斷詞章巧。高歌競老鶯,鳳字聲佳妙。

-9-

      訴衷情・別酒滿杯心死灰

  愁訴,哀訴,吾泣訴,涙難揮。流熱涙,別涙,轉傷悲。目送美人歸,低眉。獨酌傾酒杯,洗心灰。

      古調笑・鳴叫思郷蜀鳥啼血

  鳴叫,鳴叫,啼血悽悲蜀鳥。詩人將斷愁腸,垂涙無端感傷。傷感,傷感,夕暮思郷慘憺。

      古調笑・才筆快走縱横題壁

  陶醉,陶醉,鏡裡仙翁魁偉。擅長雅道詞牌,矜驕自己筆才。才筆,才筆,快走縱横題壁。

      古調笑・杯酒難洗白頭清痩

  絶望,絶望,空仰青天月亮。思君別涙猶垂。徹夜春傾酒杯。杯酒,杯酒,難洗白頭清痩。

      古調笑・風景使人迷畫境

  幽討,幽討,曳杖登登古道。遊魂霞洞靈峰,拂面雲山景風。風景,風景,將使人迷畫境。

      如夢令・時勢將造英雄乘勢

  商賈安排財勢,詩客揮誇筆勢。巧借虎威人,壯語虚張聲勢:時勢,時勢,將造英雄乘勢。

      如夢令・夢想眼底花容漂亮

  家道小康無恙,野店將誇酒量。村婦賣醇醪,勸我離脱世網。夢想,夢想,眼底花容漂亮。

      天仙子・安住清貧欣少好

  進士求功迷世道,偶逢仙聖春説教。三言兩語顯玄虚,勸却老,常含笑,安住清貧欣少好。

-10-
[PR]
by kanshiriun | 2015-04-14 08:34

2015年 4月号 no.134 2/3

         旅情萬里・逍遙


     春遊源平旧跡           神奈川県 高橋子沖

      五古・源平争乱

  保元平治風,源平争権力。平氏支配通,頼朝沈無声。
  雌伏二十年,挙兵頼朝志。敗走山岳頭,土肥支援円。
  真鶴幸運巡,安房再起転。一族入佳辰,歴史推移新。

      五律・源平干戈石橋山 

  険峻石橋峰,頂祠午務鐘。興亡相克地,無跡士魂萎。
  回顧宜吾老,流雲落葉重。蕭然不客問。夢裡夕陽舂。 

      七絶・石橋山佐奈田与一霊社

  源氏忠臣与一霊,攻防隠隠死山蹊。世人今昔堪惆帳,如弔塚丘春鳥啼。

      五古・石橋山偶感

        一

  京洛驚住民,保元平治乱。源平走風塵,天地世如夢。回顧感更新,山峰風光好。

        二

  頂立石橋山,回顧源平戦。利害権力間,紅白残塁下。老少遊子顔,春花鳥声姻。

      五絶・湯河原鵐(しとど)窟 偶感

        一

  険難山岳窟。何耐七騎兵。今尚滴流水,鵐鳴気不平。

        二

  隠身七騎姿,堅固暗風吹,流水今猶滴,浮生万感思。

-11-

      五絶・真鶴鵐窟 偶感

        一

  隠身敗残騎,山陰古渡頭。天雲情不浅,脱出月如鉤。

        二

  源氏天運乱,無声岩窟中。船来還一夢,再起思微風 

      七絶・湯河原鵐(しとど)窟 偶感

  挙兵源氏制伊豆,大敗逃走山石橋。援助土肥情不浅,再起切々夜蕭条。

      七絶・真鶴鵐窟 偶感

  隠身真鶴七騎思,平氏東征不可追。脱出安房還一夢,興亡天仰月如眉。

      七絶・郷土武将土肥実平夫妻像

  源氏挙兵参乱世,石橋敗北独交親。山河苦難供生死,銅像雄姿感懐新。

      五古・土肥夫妻像湯河原駅前

  敗残援頼朝,夫妻導石窟。七騎涙深宵,再起思切切。山野路迢迢,真鶴船便企。


      湯河原光風荘(2.26事件) 

       五言絶句

  牧野伯幽居,観梅気凛如。夢醒将校襲,今日落暉虚。

       五言古詩

  青年襲別荘,元老逃山麓。春回早梅香,天地驚如夢。回想八十霜,人材皆泉下。

-12-

    古河七福・名所,瑞江名所 古詩新韻 東京都 池田耕堂

     古河公方御所跡(古河総合公園)  茨城県古河市
    = 坂東の小京都、古河公方五代の御所(別館)跡 =

  冬枯草野望雲山,渡良瀬水連碧天。蒼茫公園実閑静,民家曲屋別興牽。
  公方石塔竚林下,御所池畔禽鳥攅。春來桃紅覆丘阜,盛夏蓮花競芳妍。

    (注)曲屋:まがりや(L字型の家屋) 蓮花:大賀蓮

     下総古河城            古河市渡良瀬遊水池
    = 土井利勝が築いた江城址、現在、日本最大の遊水地 =

  大河縹渺抱城流、日光街道連閣楼。昔時江城実雄壮,百間壕上天守浮。
  利勝築城整城下,公民津岸蔵荷舟。維新確立城破却,遊水建設無水憂。

   (注)利勝:藩主土井利勝  遊水:渡良瀬遊水池

     古河正定寺            古河市大手町
    = 古河藩主土井利勝開基の寺院、弁財天の祠宇 =

  日光街道往来繁,水陸要衝満高軒。高台本殿実雄大,福神祠宇殊可憐。
  弁天尊像賜春日,小堂建設利勝山。藩主墓所真質素,石佛宝塔林下連。

   (注)春日:春日局。利勝山:正定寺の山号

     下総頼政神社 平水韻       古河市錦町
    = 以仁王の要請で挙兵した源頼政は宇治川の戦いに敗れ
       自刃し、その家臣が首級を古河に運び祀った神社 =

  利根川原葦芦滋,関東平野風景奇。頼政神社在丘上,質素社殿唯独悲。
  武将敗北空自刃,家臣携首祀草祠。屡遭洪水為遊水,鎮守移転安置茲。

   (注)武将:源三位頼政。家臣:下河辺行平。遊水:渡良瀬遊水池

     古河福寿稲荷神社         古河市中央町
   = 寿老人を併祀する、初代古河藩主小笠原家の祈願所 =

  江戸町通商賈喧,高台神社並隆岩。稲荷祠宇実素朴,寿老尊像殊可憐。
  藩主創建祈願所,古堂改築参拝繁。豪華社殿惜焼失,近年再建唯慨然。

   (注)隆岩:隆岩寺。藩主:小笠原秀政

-13-

     下総大聖院(三王宮)       古河市本町
    = 観音・弁天・地蔵を合祀する古河で最古の社 =

  古河宿場閣楼連,蒼茫境内林樹鮮。門前祠宇語風雪,神仏混淆弁天妍。
  壮観本堂釈尊儼,鐘楼重塔幽興牽,屡遭災害恒再建,賢人卓見救旧藩。

    (注)門前祠宇:三王宮。賢人:古河藩筆頭家老小杉監物

     下総徳星寺            古河市横山町
   = 門前の観音堂に観音・弁天・地蔵を祀る真言宗の寺院 =

  迎春松竹飾千門,屠蘇共祝心気新。良辰連袂巡街巷,徳星祠社詣三尊。
  厳然古刹実閑静,大師堂宇無俗塵。昔曾宿場特殷賑,豊肴銘酒愉衆人。

    (注)大師:弘法大師空海

     下総長谷観音           古河市長谷町
    = 古河公方足利利成氏が鎌倉をなつかしみ建建した寺院 =

  幾千提灯並蕭林,清閑境内無俗塵。荘厳寺院梵声聞,端麗尊像幽興深。
  公方懐古鎌倉地,観音勧請祀鬼門。維新発令雖廃寺,近年再建朱殿新。

    (注)観音:大和長谷寺、相模長谷寺と同じ木で作られた観音像

     一之江名主屋敷          江戸川区春江町
    = 江戸時代初期に新田開発した田島家の居宅 =

  荒川桜堤望蒼茫,豪農居宅冠水郷。雄大表門感歎久,茅葺廈屋幽趣長。
  図書開拓芦荻野,政治再建曲高堂。園田情景何処在,閣楼建並遊子傷。

   (注)図書:田島図書(豊臣の家臣、堀田図書盛重)
      政治:六代目田島嘉右衛門政治

     春江城立(じょうりゅう)寺    江戸川区春江町
    = 一之江開拓の田島図書の眠る田島家の菩提寺 =

  春江寺院老松滋,観音迎客含玉姿。古風本堂実荘重,最澄彫佛真数奇。
  開基図書眠墓所,釈迦巨像厳在茲。水郷光景已消滅,雨期泥沼人不知。

   (注)最澄彫佛:伝教大師最澄御作の鬼子母神像

-14-

     瑞江大雲寺            江戸川区西瑞江
    = 歴代の羽左衛門、菊五郎、彦三郎などの
        歌舞伎役者四十余人の名優が眠る名刹 =

  東郊閑静望蒼茫,再建名刹幽興長。壮観本堂新且浄,幾多役者眠墓場。
  蔵前寺院移押上,震災遭遇鎮瑞江。無辺田野変街巷,椿通商店共繁昌。
   (注)椿通:山門前の大通り。平成三年に本堂、後に鐘楼、書院竣工

     西光寺・立木観音         江戸川区南篠崎
   = 名主芦田家の菩提寺と同家都下唯一の立木観音菩薩 =

  瑞江古刹逓相尋,庚申石佛迎衆賓。壮観本堂別天地,地蔵線刻催興深。
  檀家祠宇星霜語,立木観音真佳麗。水郷遺構僅残存,沿川緑道住民憩。
   (注)庚申:庚申塚。石佛:阿弥陀・大日如来石像


          現代短詩


曄歌

      鎮魂東日本大震災        千葉県 高橋香雪

  歳月空,家族離別,西又東。

  寂無喧,四年歳月,跡尚存。

  一株松,留在奇跡,香火供。

      五 首             東京都 田村星舟

  春恨滋。蜂蜜垂匙,粗餐哉。

  月一鉤。看花半醉,事事幽。

  日月驅。庭梅老幹,半身枯。

  風意柔。終日無為,樹木瘤。

  萬花開。鳥葬風葬,之快哉。

-15-

      三 首             東京都 石倉鮟鱇

  學詩韻,樂道安貧,時少飲。

  花粉繞,搶却銀行,添口罩。

  櫻雲涌,道弟稱兄,抱春甕。


三聯五七律

      時事感憤             神奈川県 萩原艸禾

  荒野絶衰草,驕陽烙熱砂。生擒猶欲殉誠志,義戦何勝繕狡猾。
  小院残燈暗,何時上帝罰。

短詩と俳句・短歌

  花鳥,聲高,鳴古道。  聲高く花鳥鳴きをる古道かな

  殘暴,風刀,刮王道。  風刀の殘暴刮(けず)る王道を

  大砲,劍豪,殫覇道。  大砲や剣豪覇道に殫(たお)れけり

  媚笑,春宵,勸人道。  春宵に人道勸むる媚笑かな

  墓道,阿嬌,種花草。  墓の道に阿嬌が種うる花の草

  蝶戀蜂狂,喜花怒放,醉春光。
  蝶は戀ひ蜂は狂へり怒放せる花を喜び春光に醉ひ

  蜂狂蝶亂,春晝花間,設筵宴。
  蜂は狂ひ蝶は亂れて春晝の花間に設けり筵の宴を

  春生羽毛好,花底詩豪,作黄鳥。
  春生ゆる羽毛よろしくウグイスに詩豪はなれり花の底にて

  仙女彈琴處,詩人擬古,爲鸚鵡。
  仙女琴を弾けば詩人は古へになぞらへ鸚鵡となりにけるかも

-16-

          漢 俳


      三 首             福建南平 陳学樑

  櫻花正孕苞,白雪襯来春迨蕩。葛飾領新潮。

  水仙清雅秀,仰慕梨雲松戸景。詩韵漾芳洲。

  春信過東洋,妙筆書成詩友業。馬年意気揚。

      題延平百合花 三 首

  春到延平醉,花季欣時百合俏。敢把牡丹邀。

  花語怡人句。送福千家肇平安。一束祛春寒。

  静謐臨窓佇。擷来春色亮書房。対友話哀腸。


    長野滑雪之旅五首          上海 陳 興

  題記:新宿都廳7:42發/髮車。約12:00到達長野八方白馬村。
回,16:24發。21:45到達。

      春往長野

  春來雪國行。過處萬山皆水墨,漸遠是東京。

      甲斐龍地停留

  山脈臥龍姿。積雪雲端猶未化,龍地駐留時。

      八方滑雪地初試

  滑雪客紛紛。金髮小兒輕巧過,曲線兩條紋。

      夜歩數里至八方温泉

  夜歩雪墻邊。路燈稀少繁星辨,笑語出林間。

      長野白馬村與諸君堆雪人

  深林雪未止。春風吹到可相逢,春天的信使。

-17-
     世態寫生             千葉県 紫陌青猫

      (一)

  世人愛銅錢 美元日元人民元 金融小大盤

      (二)

  民以食為大 柴米油鹽醬醋茶 聯手齊漲價

     春意寫生 七首          千葉県 紫陌青猫

      (一)

  緋紅三月天 梅朵謝罷櫻花艷 忙煞百花仙

      (二)

  曲徑聞鶯鳴 幾抹新綠染窗櫺 珠簾戲東風

      (三)

  柔枝泛柳煙 簷下古巢添新泥 幽蘭綻籬邊

      (四)

  庭草露嫩尖 冰融雪消春意暖 櫻笑繁枝間

      (五)

  煙霞三春先 席地吟唱櫻魂曲 花間米酒酣

      (六)

  櫻雲籠街衢 千枝萬朵翩翩舞 頓作桃花雨

      (七)

  憑欄思燕歸 忽覺暖風輕拂面 窗影幾枝梅

-18-

      在印度 七首          東京都 竹田甲春

  白日照鮮紅 火炎樹茂蓋児童 打玩得放縦
  火炎木草クリケットを見守らん

 “孟買”就良灣 幸福紅日照人間 老鷹旋轉環
  幸多きボンベイ(良湾)入り日さしば舞ふ 

   (注)孟買;Mumbai=Bombay=Bom Baia(ポ)1661年ポルトガル王室より
      英国へ持参金として贈与

  繚亂暗紅雲 '阿拉伯海'繡朱紋 落暉專血氛
  茜雲アラビア海はワイン染め

  天暖見嫦娥 朧朧嫋嫋笑顔奢 立春吉兆多
  暖色の望月笑みて春立ちぬ

  大城市平凡 一半待機一半嫌 二月雪蒙穿
  ビルの街期待半ばの余寒雪

  青天焚燒紅 徳干原野熱浪朦 黒面擴無窮。
  野焼き火のデカンに描く黒き面

  老媼經常座 藍花楹下小祠裹 命安離大過。
  印度桜(ジャカランダ) ヒンズー祠廟守(も)る老婆

     日本春節時事羊句 三首     東京都 竹田甲春

     『夫婦別姓』向最高法院上訴

  夫稱婦倣姓, 告朔餼羊官典硬 人抗星霜諍。

  政權開始『農業改革』?

  農何勢利劣, 多岐亡羊活力滅, 自主創新業。

     『混入事件』打擊漢堡名牌

  羊頭混狗肉, 時代寵児茲得咎, 缼損懐疑露。

-19-

      十 首            東京都 石塚梨雲

       猫

  猫睡擅閑情。雌雄老少醉春風,櫻雲流碧空。

      梅 林

  風流家土春。馥郁梅香流旧林,夢想意中人。

       櫻

  櫻花滿山新。獨坐閑窓易憶人,韶光一路春。

       柳

  暄妍柳眼開。春風拂面酒盈杯,詩朋吟興催。

      童 女

  山笑坐悠然。風柔蝶舞五月天,声高童女玩。

      清 明

  風暖好清明。看花山寺覺身輕,人生蝶夢平。

      尚 友

  尚友喜讀書。薫風遶處白雲居,午夢入華胥。

       春

  江山春水流。百花齊放促清遊,與君閑可偸

      新緑閑愁

  山居風景鮮。緑陰白水晝蕭然,遙思弟在天

      寫古詩

  寫詩思古賢。上善如水走紅箋,筆底墨痕鮮

-20-

      十 首             埼玉県 秋葉暁風

  俄積雪更清。萬朶白銀花發彩,静寂賞心生。

  覺醒四無聲。今朝雪舞今夕雨,一時如有情。

  春晩寒亦加。埋屋雪深人跡絶,白色似翻花。

  風寒積雪深。温酒爐邊冬夜永,窗外月沈沈。

  把杯又一杯。豪雪庭前環鉄骨,醉眼素梅開。

  山巓粉雪飛。小房過夜人擧杯,醉歌乘興催。

  迎春歩午晴。雪解潺潺流澗水,覺得風暖輕。

  清晨雪霽天。庭前日照銀花景,悦目皎皎然。

  籬邊發水仙。驟暖早春花似畫,芳信雪晴天。

  草緑雪堆中。山如白壁眼前過,車窗夕照紅。


     遊源平旧跡            神奈川県 高橋子沖

      源氏命運

  源氏伊豆平 石橋敗北苦難声 天運促再成

      石橋山源氏大敗

  氾濫酒匂川 援軍不来涙泫然 歴史万感牽

      鵐窟七騎落與梶原氏

  山陰苦登攀 隠身一日是仙寰 梶原灌情還


      漢俳・陶醉欣山笑        東京都 石倉鮟鱇

  花間得句好。俳人吟詠競黄鳥。陶醉欣山笑。

-21-

      風裡櫻花飛 十七首       東京都 石倉鮟鱇

  櫻雲涌蓬島花底紅男緑女笑白頭吟却老
  春櫻花怒放隨處遊人帶酒香形勝堪欣賞
  悦目櫻花似詩魂飄舞張蝶翅才筆馳箋紙
  白首賞櫻遊青山形勝伴清流正堪傾美酒
  打傘賞寒櫻池邊閑散暮鴉鳴紅雨帶風情
  江東香雪飛櫻花星散浮春水詩情涌酒杯
  香雪若蝴蝶賞櫻花宴迎銀月詩翁吟五絶
  黄昏喜對酌醉仰櫻雲流碧落霞臉擅黒説
  騷人携酒來傾盞賞櫻花盛開求句競詩才
  詩馬正堪騎攢蹄馳入櫻雲裡嘶嘯競鶯啼
  旗亭買酒醇傾杯清晝賞櫻雲覓句暫遊魂
  花底憶西行濃春吉野入山櫻詠歌留盛名
  老來思樂土探春茅店醉瞻睹櫻花香雪舞
  家雀鳴哀切白首旗亭傾玉爵賞櫻花若雪
  白首傾金盞能否延命又一年傷目櫻花散
  探春出我家看到酒亭人下馬啜酒賞櫻花
  人欲競黄鶯裁賦十年到花徑曳杖入山櫻

      道 九首            東京都 石倉鮟鱇

  悲哉茲永別。畏友道山輕世道,學海擅詩學。

  求句屡逍遙。海濱道盡背江潮,途殫失目標。

  詩泉涌靈水。吟翁道弟勸霞杯,稱兄爲酒鬼。

  童女開明眼。聰耳道頭聞片言,知尾生靈感。

  兩叟醉春山。花底道長傾酒盞,爭短散空閑。

  緑酒盡金卮,苦吟道遠當馳志,日暮未成詩。

  退隱爲詩客。茅庵樂道在詩國,安貧磨古墨。

  歸隱作俳人。探幽古道求清韵,熱腸迷短文。

  論詩能却老。兩人稱雨話長喧,道晴説短笑。

-22-
[PR]
by kanshiriun | 2015-04-14 08:31

2015年 4月号 no.134 3/3

             鳴鴻渡海


     詩 四首             中国福建南平 陳学樑

      七律・春

  細雨霏霏杜宇啼,春光隠淡蝶児飛。迷蒙嶂色雲辺遠,断続波声瀬下微。
  找楽但求心境濶,消愁不厭酒醪稀。登高望眼塵寰小,却慕山川筑野扉。

      七絶・辛卯年参観中華台商愛国党党部有感

  商家立党樹旗竿,窄小空間划地盤。彼岸莫非民意散,同行相聚不孤単。

      六絶・海外打工者帰家途中

  渡頭倦客登船,帰程千里情牽。家中賢内倚盼,行嚢可有金磚。

      六絶・晩年無病是大福

  閑事任之変幻,無愁自覚心寛。如若不霑病痛,晩年大福平安。


     詩 四首             中国浙江省 夏 凱

      遣 懷

  凈琴水檻月天真,欲見花開已半身。莫遣來年春色好,從來消受便無人。

      讀常州陳濟伯載赍貨貲書示禹含

  滿庭芳草更移裾,朝夕梳妝待問渠。此去錢塘何所獲,一湖春色一船書。

      中宵獨起臨鏡見素絲有嘆

  花氣難消露始多,圓靈水鏡濺光磨。俱安蟻穴論風雨,誰破雲霄齣網羅。
  三伏蠶心裹春夜,千秋星淚迸天河。可憐白髮爭懸瀑,氣壯蒿萊過夢坡。

      雨中偶過龍遊路沙孟海故居

  春縷如絲織錦華,龍遊居子一夢賒。同書寶殿枝頭月,自捲珠簾影底花。
  心味不緣虛竹苦,情腸應是老槐嗟。誰傢墨池清光在,耐得風吹西子沙。

-23-

       詩俳同牀
                         今田 述

  桜咲きさくら散りつつ我老いぬ 高桑蘭更

 高桑蘭更(一七二六~一七九八)は金沢の生まれ。別号を半化坊という。蕪村や暁台と同じく芭蕉復帰をとなえた俳人である。五十歳ごろ京に上り、洛東の西行庵の近くに庵を結び、芭蕉堂と名付けていた。歿する五年前、暁台についで二条家から花の本宗匠の号を賜った。ことに「枯芦の日に日に折れて流れけり」(半化坊発句集)が世に知られ《枯芦翁》と呼ばれていた。この句も淡々とした句だが、咲くときは桜と漢字で書かれ、散るときはさくらと仮名。目で見る仮名混じり文の日本語の面白さを駆使している。
 中国には仮名は無い。全て漢字である。日本の俳句に触発されて漢俳が生まれたが、無論漢字だけだ。日本に関心の高い詩人は、漢字で少しでも日本の風光を捉えようとする。
 二〇〇五年春、中国政府は漢俳学会を起ち上げた。劉徳有という現代日本語に精通した元文化部副部長(日本語で言うと文部次官)を会長としたが、実質漢俳に優れた腕を奮うのは、副会長に就いた四人の詩人、屠岸、袁鷹、紀鵬、林岫が中心だ。その中から、作家でもある袁鷹の京都の桜を詠んだ漢俳を見てみよう。
  
   京都春雨 京都の春雨 袁鷹
 昨夜雨瀟瀟、   昨夜 雨瀟々たり
 夢繞櫻花第幾橋? 夢は繞る 桜花 第幾橋?
 未知帰路遙。 未だ帰路の遙かなるを知らず。

 「花の雨」という季語がある。満開の花に降る雨は切ない。宿で寝てからも夢の中に花が出てくる。三条、四条、五条と幾つの橋を過ぎたであろうか。雨に打たれた満開の花が、どこまでも続いている。もう宿へ帰る道さえも解らないほど歩いてしまった。この一首の漢俳は、実に京都の春を見事に詠んでいる。平安神宮賞櫻詩会で詠まれたのは次の一首。

   平安神宮賞櫻詩会 平安神宮賞櫻詩会  袁鷹
 幸会在神宮。 幸にも会いて神宮に在り。
 裊娜枝垂照眼紅、  裊娜に枝垂れて眼を照らす紅、
 樹樹笑東風。 樹々東風に笑む。

-24-

このとき、林林が詠んだのは次の一首だった。

   京都平安神宮   京都平安神宮 林林
 花色満天春 花色 満天の春
 但願剪来一片雲 但だ願う 一片雲を剪り来り
 裁作錦衣裙 裁ちて錦衣の裙に作らばや

 京都の春を満喫する当時の中国詩人の姿が彷彿とする。


     定型と句の字数・音数
                          石倉秀樹

 日本の仮名まじりに詠む詩歌の定型といえば、短歌と俳句・川柳、それに都々逸ぐらいしか思い浮かばないが、その最長は短歌の三十一字。
 そこで、三十一字以下の詩詞はどうか、ということで、拾い上げてみた。
 詩には七言絶句・五言絶句(平起式、仄起式)、十七字詩があり、
 詞曲では、竹枝、十六字令、閑中好、拜新月、梧桐影、囉嗊曲、雁児落、醉妝詞、慶宣和、黄薔薇、南歌子、荷葉杯、回波樂、舞馬詞、三台、柘枝引、塞姑、晴偏好、憑欄人、十二月、漁歌子、醉高歌、花非花、摘得新、梧葉兒、南歌子、荷葉杯、漁歌子、憶江南、瀟湘神、搗練子、春曉曲、桂殿秋、章台柳、解紅、赤棗子、南郷子、双鴛鴦、采茶歌、寿陽曲、浪淘沙、八拍蠻、字字雙、沽美酒、十樣花、天淨沙、脱布衫、那託令、鵲踏枝、迎仙客、七弟兄、甘州曲、醉吟商、甘州曲、乾荷葉、喜春來、青哥児、四塊玉、胡十八、清江引、秋風清、法駕道引、踏歌詞、抛球樂、出隊子、游四門、憶王孫蕃女怨、一葉落、金字經、節節高、梅花酒、撥不斷、慶元貞、醋葫蘆、青杏児――詞牌・曲牌の数だけで計73の詞譜・曲譜が、定型詩体として機能している。
 日本の仮名まじり詩歌の定型は五本の指に満たず、詩詞のそれは異体を含めおそらくは百はある。この差は短歌や俳句が音数だけを律としているのに対し、詩詞が押韻と平仄を律としているからだ。日本の定型派の俳人や歌人がとかく自らのジャンルにこだわる傾向がある。いつの間にか選んでしまっていた一脚の椅子にいつまでも坐り続ける。これに対し、詩譜や詞譜・曲譜を踏まえ押韻と平仄を兩翼とする漢語詩人にとっては、定型とは、自由な詩精神が縦横に渡り歩く駅亭のごときものだ。
 だから、詩を漢語で詠む詩人は、古人は詠んでいないかも知れないと思えば、押韻と平仄を適宜に調えつつ、新しい定型詩体を工夫することもできる。

-25-

 ということで、詩詞にはない字数については新詩体を考案しつつ、
三十一字以下の短詩を試みてみた。

 <蝶舞蜂螫令>  以下、<>は古典詞曲にはない短詩。無印は詞牌。
  櫻,夢。(中華新韻十一庚平仄両用の押韻)
 <一兩令>
  櫻,春景。(同上)
 <二二令>
  霞洞,山櫻。(同上)
 <二三令>
  櫻雲,花若錦。(九文平仄両用の押韻)
 <三三令>
  櫻雲涌,俳人誦。(十一庚仄声の押韻)
 <二五令>
  櫻花,下馬賞春霞。(一麻平仄両用の押韻)
 <五三令>
  櫻花滿天下,映夕霞。(一麻平仄両用の押韻)
 <四五令>
  櫻雲盛涌,詩翁競鶯哢。(十一庚平仄両用の押韻)
 <曄歌>
  櫻雲涌,詩翁吟詠,競鶯哢。(十一庚仄声の押韻)
 <四七令>
  櫻花怒放,人笑傾觴脱世網。(十唐平仄両用の押韻)
 <五七令>
  櫻雲若絳河,醉叟高歌酒量多。(二波平仄両用の押韻)
 <三三七令>
  櫻雲涌,山鶯哢,俳人得句競吟詠。(十一庚仄声の押韻)
 竹枝
  青春對飲(竹枝)賞朱櫻(女兒),白頭諷詠(竹枝)競黄鶯(女兒)。
 <偲歌>
  登高馳馬,遊目觀花。櫻雲眼下,到天涯。(以下、韻目略)
 十六字令
  櫻,花散如蝶舞午風。傾聽好,黄鳥擅飛聲。
 <漢俳>
  悦目櫻雲似,銀河落下洗山寺。詩人却塵世。

-26-

 閑中好
  閑中好,鶴歩入櫻雲。唱和黄鶯囀,獨傾緑酒醇。
 <十九字令>
  風穿徑,水如鏡。湖邊悦目櫻雲涌,山鶯哢,人吟詠。
 梧桐影
  春日暄,櫻雲涌。花底起波人海生,蜂擁蟻聚遊霞洞。
 <二十一令>
  喜春遊,遶湖畔。欣賞櫻雲在茅店,酒客惜花散,聽鶯囀。
 醉妝詞
  者邊叟,那邊叟。笑入櫻雲走。那邊叟,者邊叟,美醉交紅友。
 荷葉杯
  探勝憩休茅店,傾盞,賞櫻花。醉聽黄鳥囀夕暮,遊目,送金鴉。
 晴偏好
  山櫻花底逢詩虎,醺然帶酒將裁賦。才七歩,尋章摘句如鸚鵡。
 憑欄人
  悦目山櫻花盛開,茅店村醪堪笑買。傾杯洗咏懷,競鶯啼,吟快哉。
 花非花
  花非花,鳥非鳥,有絳唇,陪蒼老。櫻花堪賞促高吟,暫作黄鶯聲美妙。
 南郷子
  欲探濃春,隨風曳杖入櫻雲。香雪飄飄飛四外,人海,蟻聚蜂屯別感慨。
 天淨沙
  櫻花怒放寒村,谷鶯清囀濃春。老叟旗亭小飲,巧押風韻,斷章摘句低吟。
 甘州曲
  喜春風,穿仄徑,賞山櫻,偶得詩想轉多情。覓句仰天晴,送落照、吟詠和啼鶯。
 踏歌詞
  黄鳥鳴春晝,白頭啜酒杯。櫻雲流靉靉,香雪舞霏霏。光景促詩情,諷詠展霜眉。
  一葉落
   曉鳥哢,櫻雲涌,老翁曳杖探花徑。任風艷雪飛,傷情堪吟詠,堪吟詠,鶴歩遊霞洞。

 押韻と平仄の規律すなわち韻律に準拠した詩は、それを踏まえれば詩体を共有できるので、二字以上のすべての字数において、定型詩たりうる。
 これを思うと、日本の定型短歌や定型俳句には、三十一字と十七字という字数を絶対とする考えがあることが、いささか訝しい。

-27-
[PR]
by kanshiriun | 2015-04-14 08:29 | 2015年4月号